トニー・ローム殺しの追跡

とにーろーむころしのついせき
上映日
1968年6月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マーヴィン・H・アルバートの小説『マイアミの傷害罪』を「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンが脚色、「電撃フリント・アタック作戦」のゴードン・ダグラスが監督した探偵もの。撮影は「特攻大作戦」のジョセフ・バイロック、音楽はビリー・メイが担当した。出演は「クイーン・メリー号襲撃」のフランク・シナトラ、「殺しのエージェント」のジル・セント・ジョン、「恋とペテンと青空と」のスー・リオン、新星ジーナ・ローランズほか。なお、主題歌をナンシー・シナトラが歌っている。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

「トニー・ローム殺しの追跡」のストーリー

フロリダ州マイアミ。船を住居にしている私立探偵トニー・ローム(フランク・シナトラ)は競馬と女性に熱心になりすぎ、最近ではすっかり、しけこんでいる。こんなやさき、昔の相棒ターピンに頼まれ、マイアミのモーテルで酔いつぶれているダイアナ(スー・リオン)を家まで送っていった。彼女は億万長者コスターマンの娘で結婚しているのだが身持ちが悪く、コスターマンは早速トニーに彼女の素行調査を依頼した。一方ダイアナも盗まれたダイアのピンを、トニーに探してもらうことになった。その後トニーは、ターピンが、彼の自宅で殺されているのを発見した。現場に残されていた血痕から、ターピン殺しの犯人の1人は負傷しているとトニーは睨んだ。かねてターピンを狙っていた2人のならず者ニモとキャットレグに相違ない。ある日トニーの所へ、ダイアナのダイヤのピンが郵送されてきた。だが、これはニセモノだった。こんなことがあってから、トニーの身辺は急に忙しくなり、コスターマン家で知り合った美貌の未亡人アン(ジル・S・ジョン)の誘いに応える暇すらなかった。そのうちにコスターマンの身辺が危うくなり友人のサンティニ警部の協力を得た。そして、トニーの追っている男ニモは、コスターマンの後妻リタとかつて結婚していたことがあり、正式に離婚していないことから、リタの二重結婚が明るみに出た。一方、ダイアナを尾行すると、彼女はしばしば、実母のローナと会っていた。ローナは悪徳医師のボイドと結婚しており、そのうえ、ボイドが重傷者の手当てをしているのが、わかった。この重傷者こそ、トニーの家でターピンを殺し、血痕を残していった男だ。その後トニーはボイドとキャットレグがニモの死体を埋めているのを発見した。重傷を負っていたのはニモだったのだ。これで、すべてが判明した。すなわち、悪徳医師ボイドは、キャットレグたちと結託してコスターマンを殺そうとしていたのだ。そして二重結婚をしているリタの財産相続権を無効にして、ひとまず、ダイアナに財産を相続させる。そのうえで、ダイアナと実母ローナ、すなわちボイドの現夫人との愛情をうまく利用して、財産横領を企んでいたのである。

「トニー・ローム殺しの追跡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トニー・ローム殺しの追跡」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968年6月22日
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「トニー・ローム殺しの追跡」のみんなのレビュー

「トニー・ローム殺しの追跡」のレビューを書く

「トニー・ローム殺しの追跡」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。