トニー・ローム殺しの追跡

とにーろーむころしのついせき
上映日
1968年6月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

マーヴィン・H・アルバートの小説『マイアミの傷害罪』を「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンが脚色、「電撃フリント・アタック作戦」のゴードン・ダグラスが監督した探偵もの。撮影は「特攻大作戦」のジョセフ・バイロック、音楽はビリー・メイが担当した。出演は「クイーン・メリー号襲撃」のフランク・シナトラ、「殺しのエージェント」のジル・セント・ジョン、「恋とペテンと青空と」のスー・リオン、新星ジーナ・ローランズほか。なお、主題歌をナンシー・シナトラが歌っている。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

「トニー・ローム殺しの追跡」のストーリー

フロリダ州マイアミ。船を住居にしている私立探偵トニー・ローム(フランク・シナトラ)は競馬と女性に熱心になりすぎ、最近ではすっかり、しけこんでいる。こんなやさき、昔の相棒ターピンに頼まれ、マイアミのモーテルで酔いつぶれているダイアナ(スー・リオン)を家まで送っていった。彼女は億万長者コスターマンの娘で結婚しているのだが身持ちが悪く、コスターマンは早速トニーに彼女の素行調査を依頼した。一方ダイアナも盗まれたダイアのピンを、トニーに探してもらうことになった。その後トニーは、ターピンが、彼の自宅で殺されているのを発見した。現場に残されていた血痕から、ターピン殺しの犯人の1人は負傷しているとトニーは睨んだ。かねてターピンを狙っていた2人のならず者ニモとキャットレグに相違ない。ある日トニーの所へ、ダイアナのダイヤのピンが郵送されてきた。だが、これはニセモノだった。こんなことがあってから、トニーの身辺は急に忙しくなり、コスターマン家で知り合った美貌の未亡人アン(ジル・S・ジョン)の誘いに応える暇すらなかった。そのうちにコスターマンの身辺が危うくなり友人のサンティニ警部の協力を得た。そして、トニーの追っている男ニモは、コスターマンの後妻リタとかつて結婚していたことがあり、正式に離婚していないことから、リタの二重結婚が明るみに出た。一方、ダイアナを尾行すると、彼女はしばしば、実母のローナと会っていた。ローナは悪徳医師のボイドと結婚しており、そのうえ、ボイドが重傷者の手当てをしているのが、わかった。この重傷者こそ、トニーの家でターピンを殺し、血痕を残していった男だ。その後トニーはボイドとキャットレグがニモの死体を埋めているのを発見した。重傷を負っていたのはニモだったのだ。これで、すべてが判明した。すなわち、悪徳医師ボイドは、キャットレグたちと結託してコスターマンを殺そうとしていたのだ。そして二重結婚をしているリタの財産相続権を無効にして、ひとまず、ダイアナに財産を相続させる。そのうえで、ダイアナと実母ローナ、すなわちボイドの現夫人との愛情をうまく利用して、財産横領を企んでいたのである。

「トニー・ローム殺しの追跡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トニー・ローム殺しの追跡」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968年6月22日
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「トニー・ローム殺しの追跡」のみんなのレビュー

「トニー・ローム殺しの追跡」のレビューを書く

「トニー・ローム殺しの追跡」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。