エレベーター(2012)

えれべーたー Elevator
上映日
2012年9月29日

製作国
アメリカ

上映時間
84分

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

地上200mのエレベーター内に閉じ込められた9人の男女の戦慄の恐怖を描き出すスリラー。監督はノルウェーの新鋭スティーグ・スヴェンセン。出演は『ブロンド・ボンバーガールズ』のクリストファー・バッカス、「センター・オブ・ジ・アース」のアニタ・ブリエム、「ブラッドシンプル」のジョン・ゲッツ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイト。

「エレベーター(2012)」のストーリー

ウォール街にそびえ立つ超高層ビル群。投資会社CEOヘンリー・バートン(ジョン・ゲッツ)の持つ本社ビルの最上階ではヘンリー主催の豪華パーティーが始まろうとしていた。パーティーには社員や投資家をはじめとした多くの人が招かれている。ヘンリーと孫娘のマデリーン(アマンダ&レイチェル・ペイス)は、そんな華やかな招待客たちと1台のエレベーターに乗り合わせた……。公私ともに誰もが羨む投資アドバイザーのドン・ハンドリー(クリストファー・バッカス)と婚約者でテレビ番組の人気レポーター・モーリーン・アサナ(ターミナ・サニー)。人当たりは良いがどこか冴えない平社員のマーティン・ゴスリング(デヴィン・ラトレイ)。投資家の中年女性・ジェーン・レディング(シャーリー・ナイト)。パーティーのゲストとして呼ばれたユダヤ人コメディアン、ジョージ・アクセルロッド(ジョーイ・スロトニック)。ビルの警備員でイスラム教徒のモハメッド(ワリード・F・ズエイター)。そして出発間際に滑り込んで来た美人の妊婦、セリーヌ・フォケ(アニタ・ブリエム)。偶然乗り合わせた9人の乗客たちを乗せ、最上階へ向かうエレベーターは何事もなく動き出すが、地上200メートルの高さで突如停止してしまう。初めは気長に待とうと穏やかだった乗客たちだが、閉所恐怖症のジョージが放つストレスで険悪なムードが漂い始める。小さな歪みから次第に明かされていく乗客たちの過去や秘密。そして一人の乗客の告白が大きな衝撃を与える。「私は爆弾を持っている……」助けが来るかもわからない状況、どこにあるともわからない爆弾。閉塞感からパニックに追い込まれていく彼らは生き延びるために必死の脱出劇を敢行するが……。

「エレベーター(2012)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エレベーター(2012)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012年9月29日
上映時間 84分
製作会社 Quite Nice Pictures
配給 ミッドシップ=シンカ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
コピーライト (C)Quite Nice Pictures 2011 All Rights Reserved.

「エレベーター(2012)」のみんなのレビュー

「エレベーター(2012)」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/23

サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。
サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。

NEW今日命日の映画人 10/23

藤子・F・不二雄(1996)

STAND BY ME ドラえもん2

大ヒットした3DCGアニメ映画「ドラえもん」第2弾。おばあちゃんに会いたくなったのび太は、タイムマシンで過去へ。再会したおばあちゃんから“お嫁さんが見たい”と言われたのび太は、ドラえもんと共に、未来の自分の結婚式を見せようとするが……。監督は前作に続いて、山崎貴と八木竜一のコンビが務める。声の出演は水田わさび、大原めぐみらレギュラー陣に加え、「浅田家!」の妻夫木聡、「いちごの唄」の宮本信子、「架空OL日記」のバカリズムらがゲストで参加する。

映画ドラえもん のび太の新恐竜

藤子・F・不二雄原作のSFアニメ映画シリーズ40作目。『ドラえもん』50周年記念作品。のび太が化石発掘体験で見つけた化石を、ドラえもんのひみつ道具タイムふろしきで元の状態に戻したところ、新種の恐竜の双子が生まれる。のび太は大切に育てるが……。「パロルのみらい島」の今井一暁監督と、プロデューサーや『世界から猫が消えたなら』など小説家としても活動し「映画ドラえもん のび太の宝島」では脚本を手がけた川村元気が、「映画ドラえもん のび太の宝島」以来のコンビを組む。
平幹二朗(2016)

ゲキ×シネ「蒼の乱」

2014年に東京と大阪で上演された劇団☆新感線の舞台『蒼の乱』を、上演時より30分短い“ゲキ×シネオリジナル版”として映像化。愚直で若々しい将門小次郎と、京での運命的な出会いを経て夫婦となった妻・蒼真を主人公に、“将門の乱”を新解釈で描く。出演は「清須会議」の天海祐希、「春を背負って」の松山ケンイチ。

BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版

人気ロックバンド“BUMP OF CHICKEN”が2014年4~7月にかけて実施したライブツアー『WILLPOLIS 2014』の模様を収録したドキュメンタリー。ツアーを追ったドキュメンタリーと、「寄生獣」の山崎貴監督が手掛けた3DGCによるオープニングアニメーションの完全版からなる2部構成。