• 映画DB TOP
  • パパとママがふしあわせでありますように

パパとママがふしあわせでありますように

ぱぱとままがふしあわせでありますように
製作国
日本

上映時間
30分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

3度目の結婚式の当日、式場から逃げ出した母親を追う羽目となった娘と前々夫。不器用な家族の姿を描く短篇コメディ。監督・脚本はミュージックビデオなどを手掛ける映像作家の上田大樹。出演は「無花果の顔」の山田花子、「岸和田少年愚連隊」の藤本敏史(FUJIWARA)、塚田帆南ほか。2007年7月7日より、東京・神保町花月ほかで上映された「YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 ~100の人が映画撮りました~」の1作。
3度目の結婚式の当日、式場から逃げ出した母親を追う羽目となった娘と前々夫。不器用な家族の姿を描く短篇コメディ。監督・脚本はミュージックビデオなどを手掛ける映像作家の上田大樹。出演は「無花果の顔」の山田花子、「岸和田少年愚連隊」の藤本敏史(FUJIWARA)、塚田帆南ほか。2007年7月7日より、東京・神保町花月ほかで上映された「YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 ~100の人が映画撮りました~」の1作。

「パパとママがふしあわせでありますように」のストーリー

可もなく不可もない郵便配達の男と再々婚する母の結婚式の日。その状況をしぶしぶ受け入れていた娘のカナであった。隣の会場では同時にお葬式が行われていたが、その霊柩車で母が逃げ出した。12年ぶりに現れた父親と共に慌てて後を追うカナ。果たしてこの不器用な家族は絆を取り戻すことが出来るのか…?

「パパとママがふしあわせでありますように」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「パパとママがふしあわせでありますように」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2008
上映時間 30分
製作会社 吉本興業(制作協力 よしもとファンタンゴ=よしもとアール・アンド・シー=プラネットエンターテイメント)
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー

「パパとママがふしあわせでありますように」のみんなのレビュー

「パパとママがふしあわせでありますように」のレビューを書く