ビンゴ(2012)

びんご
上映日
2012年9月22日

製作国
日本

上映時間
99分

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「リアル鬼ごっこ」シリーズで知られる山田悠介の短編小説を映画化。死刑にビンゴゲームが導入された近未来を舞台に、ある罪によって殺人ビンゴに参加させられた主人公が体験する恐怖と謎を描いたホラー。出演は『海賊戦隊ゴーカイジャー』の清水一希、アイドルグループ“AKB48”のメンバーとして活躍する松井咲子。

みんなのレビュー

「ビンゴ(2012)」のストーリー

20XX年。日本で死刑制度の大改正が行われた。囚人たちを死刑にするかどうか、被害者家族たちがビンゴで決めることになったのである。ある罪で刑務所に収監されている正哉(清水一希)が、凶悪殺人犯たちと共に連行されたのは、不気味な巨大ビンゴカードの上。そこは、自分がビンゴになれば即死刑執行となる“人間ビンゴ”の会場だった。マジックミラー越しの別の部屋には、ビンゴを操る人間たちの姿が……。その中には、正哉を見つめる謎の女性・真弓(松井咲子)の姿もあった。果たして、正哉の犯した罪とは何なのか?正哉と真弓の関係は?裏の裏をゆくその全てが、次第に明らかになってゆく……。

「ビンゴ(2012)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ビンゴ(2012)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年9月22日
上映時間 99分
製作会社 「ビンゴ」製作委員会(制作プロダクション ジョリー・ロジャー)
配給 ジョリー・ロジャー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
コピーライト (C) 2012「ビンゴ」製作委員会

「ビンゴ(2012)」のみんなのレビュー

「ビンゴ(2012)」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。