ソハの地下水道

そはのちかすいどう In Darkness
上映日
2012年9月22日

製作国
ドイツ ポーランド

上映時間
143分

ジャンル
戦争

ここが見どころ

第二次世界大戦中、ドイツ占領下のポーランドで貧しい労働者がユダヤ人を地下に匿った実話を映画化。監督はポーランド出身のアグニエシュカ・ホランド(「太陽と月に背いて」)。出演は「国家の女リトルローズ」のロベルト・ヴィエツキーヴィッチ。極限状態の人間模様をスリリングに描き、アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。
第二次世界大戦中、ドイツ占領下のポーランドで貧しい労働者がユダヤ人を地下に匿った実話を映画化。監督はポーランド出身のアグニエシュカ・ホランド(「太陽と月に背いて」)。出演は「国家の女リトルローズ」のロベルト・ヴィエツキーヴィッチ。極限状態の人間模様をスリリングに描き、アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。

「ソハの地下水道」のストーリー

1943年のポーランド。下水修理と空き巣稼業で妻子を養っている貧しい労働者のソハ(ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ)は、収容所行きを逃れるために、地下水道に繋がる穴を掘っているユダヤ人たちを発見する。ドイツ軍に売り渡して報奨金を手にするチャンスだったが、迷路のような地下水道の構造を誰よりも知り尽くしたソハは、彼らを地下に匿い、見返りに金銭を得ることを思い立つ。ところが、子供を含むユダヤ人のグループは彼の手に負えるような規模ではなかった。面倒を見きれないほどその人数は多く、隠れ場所の移動や食料の調達さえ容易ではない。その上、執拗にユダヤ人狩りを行う将校が目を光らせ、ソハの妻子や若い相棒は処刑の恐怖に怯えるようになる。自らも極度の精神的重圧に押し潰されそうになり、手を引くことを決意するソハだったが、時既に遅し。同じ生身の人間であるユダヤ人たちに寄り添い、その悲惨な窮状を目の当たりにしてきたソハは、自分でも信じ難い、彼らを“守る”という茨の道を選択するのだった……。

「ソハの地下水道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソハの地下水道」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 ドイツ ポーランド
製作年 2011
公開年月日 2012年9月22日
上映時間 143分
製作会社 Schmidtz Katze Filmkollektiv=Film Works, The=Studio Filmowe Zebra
配給 アルバトロス・フィルム=クロックワークス
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
コピーライト (C)2011 Schmidtz Katze Filmkollektiv GmbH, Studio Filmowe Zebra, Hidden Films Inc.

「ソハの地下水道」のみんなのレビュー

「ソハの地下水道」のレビューを書く

「ソハの地下水道」の関連作を観る