戦う雷鳥師団

たたかうらいちょうしだん
上映日
1953年8月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「アマゾンの美女」のジョン・H・オウァが製作・監督にあたった1952年作品で、第2次大戦イタリアで勇名をはせた雷鳥師団を描く戦争映画。「怒濤の果て」のケネス・ガメットのストーリーをメリイ・マッコール・ジュニアが脚色した。撮影は「暴力帝国」のレジー・ラニング、音楽はヴィクター・ヤングの担当。出演者は「剣侠ロビン」のジョン・デレク、新進ジョン・バリモア・ジュニア、「烙印」のモナ・フリーマン、「鬼軍曹ザック」のジーン・エヴァンス、新人アイリーン・クリスティ、ワード・ボンドら。

「戦う雷鳥師団」のストーリー

オクラホマ州グリーン・ヒルスの国土防衛隊からなる雷鳥師団は歴史と伝統に輝いていた。1940年9月師団は現役となり数百の青年が召集され訓練を受けた。彼らのうちの2人、ジル・ハケット(ジョン・デレク)とトム・マックリーリ(ジョン・バリモア・ジュニア)はともにメリイ・コルドウェル(アイリーン・クリスティ)を愛しており、彼女も2人に等分の好意をよせていた。トムは古参軍曹のローガン(ワード・ボンド)を慕い、接近しようとしたが、ローガンは何故か彼を近づけようとしなかった。隊にはほかにトラック運転手のマイク、若い商店主サム、新妻の出産をひかえたレイ、さらに銀行家の横着息子カイスらがいた。間もなく第2次大戦が勃発し、雷鳥師団はイタリア戦線に参加した。レイはすでに戦死し、カッシノの戦闘ではトムが負傷したローガンはトムの後送を拒み、ジルはローガンを憎んだ。実はローガンこそトムの父で、第1次大戦当時、自分の責任で10人の戦死者を出したため軍法会議に付され、息子や故郷の人々に顔向けできなくなり名を変えて師団に身を投じていたのだ。ローガンは息子にその事実を知らせぬまま戦死した。やがて連合軍の勝利の日が来て、雷鳥師団は凱旋した。メリイとトムは結ばれ、ジルも美しい看護婦エレン(モナ・フリーマン)を妻にした。

「戦う雷鳥師団」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦う雷鳥師団」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年8月15日
製作会社 リパブリック映画
配給 リパブリック日本支社=NCC
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「戦う雷鳥師団」のみんなのレビュー

「戦う雷鳥師団」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。