戦うべき機会

たたかうべききかい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暗黒の妖星」の原作者なる米国文豪ロバート・チャムバース氏の同じ名の小説を「海の狼(1920)」等を脚色したウィル・リッチェイ氏が脚色し、「月下の囁き」等の監督者チャールズ・メイン氏が監督した社会劇で、主役は「阿修羅の如くに」「暁の前1時間」等出演のアンナ・ニルスン嬢及び新進のコンラッド・ネーゲル氏である。その他悪役のバートラム・グラスビー氏、ウォーレス・リード氏夫人ドロシー・ダヴェンポート嬢、メトロにいた悪役の名手ハーバート・プライアー氏等が共演している。「各人物の心理的経過を描くに妙を得たチャンバース氏の原作と、俳優の巧妙なる演出によって面白い興味を味わうことができる」と米誌は評している。

「戦うべき機会」のストーリー

ステフェン・シウォードは遺伝によって飲酒の悪習に先天的に陥っていた。シルヴァ・ランディスという娘はクウォーリアーという富豪の許婚であったが、クウォーリアーの卑劣な性質を好まないで、ステフェンを悪習から救おうと決心する。ステフェンは彼女に対する恋心の起こるにつれて、苦心して飲酒癖を改めようとする。クウォーリアーは嫉妬心も手伝って、社交的にも事業の上においてもステフェンを失敗させようと悪作を弄するが、彼の仲間であったモーティマーとの争いの結果、2人はお互いを殺しあって悲惨な最後を遂げ、自由の身となったシルヴィアは、今は生まれ替ったようになったステフェンと改めて月下に未来を誓うこととなった。

「戦うべき機会」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦うべき機会」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 パラマウント・アートクラフト映画
配給 松竹キネマ
レイティング

「戦うべき機会」のみんなのレビュー

「戦うべき機会」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません