戦う太鼓

たたかうたいこ
上映日
1957年7月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

西部開拓の英雄ダニエル・ブーンの半生記。トム・ハバードとジャック・パトリックの脚本をNBCテレビの演出家兼作曲家アルバート・C・ガナウェイとイスマエル・ロドリゲスが監督した。撮影はジャック・ドレイパー、作曲、演奏指揮はラウル・ラヴィスタ。主演は「三人のあらくれ者」のブルース・ベネット、「見知らぬ人でなく」のロン・チャニー、ウェスタン歌手ファロン・ヤング、テレビ出身のケン・ディブス、ジャクリーン・エヴァンズ。

「戦う太鼓」のストーリー

1775年、ダニエルブーン(ブルース・ベネット)一家は開拓者の一団と共にノース・カロライナからケンタッキーのブーン砦に出発した。その砦はブーンの部下エンディ(D・オフリン)とその息子ファロン(ファロン・ヤング)によって守られていたのである。ところが先発の一隊、ダニエルの息子ジェイムスの卒いる一隊は、裏切者シモン・ガーティ(ケン・ディブス)に扇動されたインディアンに襲われ全滅してしまった。その現場に達したダニエルの一隊は、第3隊の危機を救うために引き返すが、時すでに遅く、ガーティ一味に襲撃された後だった。ダニエルは彼と乳兄弟の間柄にあるインディアンの酋長ブラックフィッシュと会い、平和交渉を試みようと集落に向かうが、ガーティの計略にかかって捕まえられた。一方、酋長はダニエルを迎えにやった息子2人がガーティ一味に襲われ、それをダニエルの仕業だとガーティに教えられ、インディアンの一隊を率いたブーン砦に殺到する。その時、集落から脱出したダニエルは、重傷を負った酋長の息子を救い、酋長の誤解を説こうとするが果たせない。遂に一策を考え、ガーティをおびき出して悪業を自白させる。かくて白人とインディアンの間に平穏が訪れ、ブーン砦の危機も去った。

「戦う太鼓」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦う太鼓」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年7月24日
製作会社 リパブリック映画
配給 リパブリック=NCC
レイティング
カラー/サイズ カラー

「戦う太鼓」のみんなのレビュー

「戦う太鼓」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。