たそがれの女

たそがれのおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「大飛行船」「希望の星」「狂乱のアメリカ」のフランク・キャプラが原作監督した映画で、脚色には「大飛行船」「十仙ダンス」のジョー・スワーリングが当たった。主役は「希望の星」「十仙ダンス」のバーバラ・スタンウィックで、「農園のレベッカ」「大空の闘士」のラルフ・ベラミー、「モロッコ」「ニュウ・ムーン」のアドルフ・マンジュウ、「僕の武勇伝」のドロシー・ピーターソン、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリーが助演した。撮影は「希望の星」のジョセフ・ウォーカーの担任。

「たそがれの女」のストーリー

ある市の図書館員ルル・スミスは休暇でキューバへ赴いた時船中で知り合った紳士ボッブ・グローヴァと恋をした。旅から帰ったルルは新聞記者ホランドに恋されたが、ルルは身も心もボッブに捧げて居た。ところがボッブには妻があり、彼の過失から障害者となった妻を彼は棄てる訳には行かなかった。そのことを打明けられた時ルルは、今まで秘していたことを憎みボッブと別れて了った。ところがボッブの子を宿していたルルはやがて女児を産んだ。ルルはこのことはボッブに知らせまいと思っていたが、一年ばかり経つと二人の関係はいつしか復活していた。しかしルルは市の政界に羽振りを利かし始めたボッブの出世を妨げない様日陰者として男の寵を受けることに満足しなければならなかった。ある日ルルが娘ロバータを伴い公園でボッブを待っている時、ホランドが通りかかった。ロバータはその時ボッブを見てパパと呼んだので、ルルは咄嗟にこの子はボッブの養女になる子で自分はその乳母をしていると嘘を云ってその場を繕ったが、その手前自ら生みの子の乳母として愛人ボッブの家庭に入らなければならなかった。子供のないボッブの妻ヘレンは喜んでロバータを引取ったが、たちまちすべての事情を悟ったので、ルルも居堪らず愛児ロバータを残して去り、ホランドに頼んで彼の社の記者になった。歳月は流れてロバータは18の乙女になった。ボッブが知事に出世したときホランドはロバータがただの養女ではないと睨みその身許を洗って新聞の特種にしようとしたのでルルはホランドと結婚してボッブの地位と名誉を護ってやった。ボッブは二人の関係を公にして潔く栄職を辞職しようとするがルルに留められる。ところがそれを嗅ぎつけたホランドはルルが愛人を庇うために自分と結婚したことを怒って之を新聞種にしようとする。それを製し洋として争ったルルはついに彼を射殺した。刑務所に収容されたルルはボッブの計らいで減刑されて釈放された。しかしこの時臨終の床にあったボッブは遺言状ですべての事情を明らかにして死んで了った。ルルは遺言状を破棄して行方知れずとなった。

「たそがれの女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「たそがれの女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 コロンビア映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「たそがれの女」のみんなのレビュー

「たそがれの女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「たそがれの女」を観ているあなたにおすすめの映画