黄昏に帰れ

たそがれにかえれ
上映日
1959年7月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アイリーン・バシング原作の小説を「軍曹さんは暇がない」のマーヴィン・ルロイが監督映画化した心理ドラマ。脚色は原作者と夫のロバート・バシングの共同。撮影を「地獄の拳銃」のジョセフ・バイロック、音楽をジミー・マクヒューが担当している。出演するのは「大いなる西部」のジーン・シモンズ、「マクベス(1948)」のダン・オハーリー、ロンダ・フレミング、エフレム・ジンバリスト・ジュニア、スティーブン・ダン等。製作マーヴィン・ルロイ。黒白・スタンダードサイズ。1959年作品。

「黄昏に帰れ」のストーリー

シャーロット・ブロン(ジーン・シモンズ)は、1年間を精神病院で過した後、大学教授の夫アーノルド(ダン・オハーリー)の元へ戻った。だが家の空気は1年前と少しも変わっていなかった。ブロン家にはシャーロットの義姉で美人のジョーン(ロンダ・フレミング)と、同じくシャーロットの継母でお節介女のイネス(M・アルバート)という2人の同居人がいた。そこへもう1人同居人が舞いこんだ。夫と同じ大学の哲学科の講師ジェイク(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)だ。アーノルドはシャーロットに肉体的な魅力を感ぜず、夫婦関係を断った。シャーロットは夫とマルカム教授のパーティに彼女が出席することでいさかいをした。--5年前、シャーロットは若い金持ちの銀行家ハミルトン(スティーブン・ダン)から求婚されていた。しかし、彼女はアーノルドが好きで、派手好きのジョーンの真似をした。アーノルドの結婚は2年でだめになった。--アーノルドはジョーンとパーティに出席した。アーノルドはシャーロットの愛を拒絶した。シャーロットはイネスとボストンに行き、そこでハミルトンに会った。彼はいまでもシャーロットを愛していた。シャーロットは夫とジョーンの仲を疑ったため、彼はまたもや医師を呼んだ。ジェイクは大学を辞めてニューヨークに行った。彼女は夫に別居を申し出たがだめだった。クリスマスの日、シャーロットはジョーンの扮装をして夫の前に出たため、彼の怒りは遂に爆発した。しかし、彼女は精神科の治療をうけるとともに、はっきりと離婚することに決心した。夫とジョーンは愛し合っていたのだ。そして、イネスとジョーンに家から出てもらうことにした。彼女には狂乱の影はなく固い決意と第2の人生にふみだす明るい希望があった。

「黄昏に帰れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黄昏に帰れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1959年7月28日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「黄昏に帰れ」のみんなのレビュー

「黄昏に帰れ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません


「黄昏に帰れ」を観ているあなたにおすすめの映画