凍える牙

こごえるきば Howling
上映日
2012年9月8日

製作国
韓国

上映時間
114分

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

乃南アサの直木賞受賞作を原作に「霜花店 運命、その愛」のユ・ハ監督が映画化。獣による咬殺事件を追うベテラン刑事と新米女性刑事二人の姿を描く。出演は「青い塩」のソン・ガンホ、「パパは女の人が好き」のイ・ナヨン。

みんなのレビュー

「凍える牙」のストーリー

ソウルで奇妙な焼死体が発見された。停車中の車の中にいた男の体が突然発火、車ごと炎上したという。現場を訪れた中年刑事チョ・サンギル(ソン・ガンホ)は、班長から元白バイ警官の若き女性刑事チャ・ウニョン(イ・ナヨン)とコンビで捜査を行うよう命じられる。検証の結果、死体の太股には獣に噛まれた傷痕があり、尿からは覚醒剤が検出、ベルトのバックル内からはタイマーと点火装置が見つかり、引火性の強い化学物質が仕込まれていた。ヤクの売人から被害者の連絡先である塾の場所を聞き出したサンギルは、ウニョンとともに内部を捜査。隠し扉の奥のイメージクラブで、生前の被害者が未成年の少女たちを働かせ、薬物漬けにしていたことを突き止める。そんな中、新たな事件が発生。路上で大型犬に襲われて死亡した被害者は、麻薬と未成年買春の前科を持つナム・サンフンという男で、第一の被害者オ・ギョンイルとは知人同士であった。しかも首の傷痕と現場で採取された動物の毛を分析すると、ギョンイルは狼に噛み殺されたことが判明する。やがてミン・テシクという闘犬賭博に関わっている元ヤクザの存在が浮上、捜査チームはテシクの元恋人ミンジョンが出入りする売春組織のアジトへの手入れを敢行する。だがテシクは不在、車でその場にやってきたミンジョンは猛然と現れた狼に似た大型犬に襲われ、あえなく死亡。ウニョンはその捜査中に肋骨を折る大怪我を負う。“殺人犬”のニュースは大々的に報じられ、DNA解析の結果、その犬の正体は狼との交配種だと特定された。捜査会議では、テシクが過去の性犯罪を揉み消そうとして元仲間のギョンイル、サンフン、ミンジョンを狼犬に殺させたという説が有力視される。しかし病院のベッドを抜け出したウニョンは、元ヤクザのテシクに狼犬のような野性の強い動物を調教できるはずがないと睨み、犬のトレーナーたちを徹底的に洗い、警察犬の元トレーナーであるカン・ミョンホを割り出す。ウニョンは単身、郊外に車を走らせ、ミョンホがひとり娘のジョンアとともに暮らしている古い民家に潜入。地下室でミョンホが真犯人だという決定的な証拠を発見するが、戻ってきたミョンホに鍵をかけられ、例の狼犬とともに閉じ込められてしまう。その直後、ミョンホは何者かに襲撃されて意識を失い、家には火が放たれた。ウニョンは炎に包まれかけた地下室を脱出、ミョンホとジョンアも命を取り留める。焼け跡から見つかったミョンホの日記には、ジョンアが中学生の時に家出、テシクらの一味によって薬物中毒にされ、精神を病み、妊娠までさせられたと記されてあった。復讐に燃えるミョンホは、自らが引き取った幼い狼犬をチンプルと名付けて長年の訓練を施し、悪党どもを皆殺しにする計画を実行したのだ。しかし現場を検証したサンギルは、ある腑に落ちない事実に気づく……。

「凍える牙」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「凍える牙」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2012
公開年月日 2012年9月8日
上映時間 114分
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C) 2012 CJ E&M CORPORATION & UNITED PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.

「凍える牙」のみんなのレビュー

「凍える牙」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。