• 映画DB TOP
  • 「わたし」の人生 我が命のタンゴ

「わたし」の人生 我が命のタンゴ

わたしのみちわがいのちのたんご
上映日
2012年8月11日

製作国
日本

上映時間
104分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

老年医療の専門家・和田秀樹が“介護離職”をはじめとする介護社会における問題を浮き彫りにし、ある家族を通してこれからの介護のあり方と希望を描くヒューマンドラマ。出演は「ビターコーヒーライフ」の秋吉久美子、「奇跡」の橋爪功、タンゴ歌手の冴木杏奈、「トテチータ・チキチータ」の松原智恵子。脚本は「ゲゲゲの女房」の大石三知子。
老年医療の専門家・和田秀樹が“介護離職”をはじめとする介護社会における問題を浮き彫りにし、ある家族を通してこれからの介護のあり方と希望を描くヒューマンドラマ。出演は「ビターコーヒーライフ」の秋吉久美子、「奇跡」の橋爪功、タンゴ歌手の冴木杏奈、「トテチータ・チキチータ」の松原智恵子。脚本は「ゲゲゲの女房」の大石三知子。

「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」のストーリー

主婦である鈴木百合子(秋吉久美子)は、子育てを終え、自らの長年の夢である大学教授への道を歩き始めようとしていた。そんなある日、百合子の父で元大学教授の堂島修治郎(橋爪功)が、痴漢行為で警察に保護された。父の異変を心配した百合子は、修治郎を病院へ連れて行き、そこで予期せぬ事実を知らされる。修治郎は“認知症”を患っていたのだ。病気の進行への不安と介護という現実に衝突し、離ればなれになっていく家族。そんな時、百合子は同じ状況の家族が集う認知症「家族の会」の存在を知る。そこで出会った個性溢れる患者たちと共に、アルゼンチンタンゴを習い始めた修治郎。最初は見様見真似であったが、ステップを踏むうちに修治郎の表情に変化が訪れてくる。そんな父の姿を見た百合子も、介護によって諦めかけていた夢に再び向かい始めるのだった……。

「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年8月11日
上映時間 104分
製作会社 「わたし」の人生 製作委員会(緑鐡=テンダープロ=コンセプトフィルム=アルファオメガ=East Sun Film=佐賀新聞社)(協力 北九州フィルムコミッション)
配給 ファントム・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://www.watashinomichi.com/

「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」のみんなのレビュー

「「わたし」の人生 我が命のタンゴ」のレビューを書く