光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日

ひかりとかげひかりしぼしさつがいじけんべんごだんのさんびゃくにち
上映日
2012年6月30日

製作国
日本

上映時間
47分

ジャンル
社会派

ここが見どころ

東海テレビ製作のTVドキュメンタリー。幼い子供と母親を殺害した光市母子殺人事件の弁護団の内部にカメラを入れ、刑事事件の弁護活動のあり方を問う。ディレクターは、「死刑弁護人」の齊藤潤一。ナレーションは、「キャタピラー」の寺島しのぶ。日本民間放送連盟賞最優秀賞、芸術祭優秀賞、ギャラクシー賞優秀賞受賞。

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」のストーリー

1999年4月14日、山口県光市で本村洋さんの妻と生後11ヶ月の長女が殺害された、いわゆる『光市母子殺害事件』。逮捕されたのは、当時18歳の少年だった。一審二審で無期懲役の判決が下されるが、最高裁は死刑含みで審理を広島高裁に差し戻した。最高裁の途中段階から、弁護団は差し替わる。起訴事実を争わず、ひたすら情状を主張してきた旧弁護団が、死刑含みの状況に危機感を抱いたためである。21人の新しい弁護士が事件を改めて調査すると、そこには流布されていた凶悪な被告ではなく、精神年齢の低い青年像があった。被告は新しい弁護団に、殺意もなく、強姦目的でもなかったと告白する。しかし報道や世論は感情的な空気の中で、死刑を恐れて事実を翻した、荒唐無稽な供述だと被告を非難し、殺人鬼を守る鬼畜、悪魔と、弁護団にまでバッシングを浴びせるようになる……。このドキュメンタリーは、多様な視点から冷静に見るために弁護団会議にカメラを入れるなど取材を重ね、刑事事件の弁護活動のあるべき姿、弁護士の職責を問う。

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2012年6月30日
上映時間 47分
製作会社 東海テレビ
配給 東風
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://tokai-tv.com/news_program/20090101_news_5784.php

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」のみんなのレビュー

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」を観ているあなたにおすすめの映画