愛について、ある土曜日の面会室

あいについてあるどようびのめんかいしつ SILENT VOICE
上映日
2012年12月15日

製作国
フランス

上映時間
120分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フランスのマルセイユを舞台に、同じ日、同じ刑務所で面会する3組の受刑者と面会人の姿を通して、様々な愛の形とそれぞれの人間模様を描き出す。出演は「ジョルダーニ家の人々」のファリダ・ラウアッジ、「預言者」のレダ・カテブ、「誘惑/セダクション」のポーリン・エチエンヌ。監督のレア・フェネールは本作で長編デビュー。
フランスのマルセイユを舞台に、同じ日、同じ刑務所で面会する3組の受刑者と面会人の姿を通して、様々な愛の形とそれぞれの人間模様を描き出す。出演は「ジョルダーニ家の人々」のファリダ・ラウアッジ、「預言者」のレダ・カテブ、「誘惑/セダクション」のポーリン・エチエンヌ。監督のレア・フェネールは本作で長編デビュー。

「愛について、ある土曜日の面会室」のストーリー

サッカーに熱中する少女ロール(ポーリン・エチエンヌ)は、風変わりな少年アレクサンドル(ヴァンサン・ロティエ)と出会い、恋に落ちる。ところがある日、アレクサンドルが警察に逮捕されてしまう。刑務所に収容された彼に面会を求めるロールだったが、未成年には成人の付き添いが必要と断られ、想いを募らせてゆく。やがて、病院スタッフのアントワンと偶然知り合った彼女は、付き添いを頼んで面会に向かうが……。不器用なステファン(レダ・カテブ)は仕事も恋人との関係もうまくいっていなかった。ある日、暴漢に襲われた恋人を助けてくれたピエール(マルク・バルベ)と知り合う。彼はステファンの顔を見るなり、“親友と瓜二つだ”と驚きを示し、刑務所に入れられているその親友と入れ替わってくれないか、という奇妙な依頼を持ちかけてくる。多額の報酬にステファンの心は揺らぐが、その代償はあまりにも大きく……。アルジェリアに住むゾラ(ファリダ・ラウアッジ)に、フランスで暮らす息子が殺されたという報せが届く。彼女は死の真相を探るために、加害者の姉セリーヌ(デルフィーヌ・シュイヨー)と偶然を装って接触し、真実を隠したまま交流を深めてゆく。ある日、誰も刑務所にいる弟の面会に訪れないと嘆くセリーヌに、自分が会いに行くことを提案する。そしてゾラは母親として、知ることのなかった息子の人生を辿ってゆくことになる……。ある土曜日の朝、3人はそれぞれの悲しみや痛みを受け入れ、運命を切り開くために刑務所の面会室へと向かう……。

「愛について、ある土曜日の面会室」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛について、ある土曜日の面会室」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2009
公開年月日 2012年12月15日
上映時間 120分
製作会社 Rezo Productions
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C)2012 HATES, LLC. All Rights Reserved.

「愛について、ある土曜日の面会室」のみんなのレビュー

「愛について、ある土曜日の面会室」のレビューを書く

「愛について、ある土曜日の面会室」をBlu-ray/DVDで観る

「愛について、ある土曜日の面会室」の関連作を観る