屋根裏部屋のマリアたち

やねうらべやのまりあたち
上映日
2012年7月21日

製作国
フランス

上映時間
106分

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

1960年代のパリを舞台に、スペイン人メイドとその雇い主の禁断の恋を、陽性なユーモアと心温まるペーソスで綴るラブストーリー。出演は「しあわせの雨傘」のファブリス・ルキーニ、「プレイヤー」のサンドリーヌ・キベルラン、「悪魔のリズム」のナタリア・ベルベケ、「テトロ 過去を殺した男」のカルメン・マウラ。
1960年代のパリを舞台に、スペイン人メイドとその雇い主の禁断の恋を、陽性なユーモアと心温まるペーソスで綴るラブストーリー。出演は「しあわせの雨傘」のファブリス・ルキーニ、「プレイヤー」のサンドリーヌ・キベルラン、「悪魔のリズム」のナタリア・ベルベケ、「テトロ 過去を殺した男」のカルメン・マウラ。

「屋根裏部屋のマリアたち」のストーリー

1962年、パリ。株式仲介人のジャン=ルイ・ジュベール(ファブリス・ルキーニ)は、妻シュザンヌ(サンドリーヌ・キベルラン)が雇ったスペイン人メイドのマリア(ナタリア・ベルベケ)を迎え入れる。彼女は、シュベール家と同じアパルトマンの屋根裏部屋で、同郷出身のメイドたちと暮らしていた。軍事政権が支配する故郷を離れ、異国で懸命に働くスペイン人メイドたちに、次第に共感と親しみを寄せるジャン=ルイは、やがて機知に富んだ美しいマリアに魅かれてゆくのだった。しかし、そんな夫の変化に無頓着なシュザンヌは、彼と顧客の未亡人との浮気を疑い、夫を部屋から追い出してしまう。こうしてその夜から、ジャン=ルイはメイドたちと同じ屋根裏で一人暮らしを始めるが、それは彼に今まで味わったことのない自由を満喫させることになる……。

「屋根裏部屋のマリアたち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「屋根裏部屋のマリアたち」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 2010
公開年月日 2012年7月21日
上映時間 106分
製作会社 Vendome Production= France 2 Cinema =SND
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C)Vendome Production – France 2 Cinéma – SND All rights reserved.

「屋根裏部屋のマリアたち」のみんなのレビュー

「屋根裏部屋のマリアたち」のレビューを書く

「屋根裏部屋のマリアたち」をBlu-ray/DVDで観る

「屋根裏部屋のマリアたち」の関連作を観る