倒れるまで

たおれるまで
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「弾丸か投票か」「俺は善人だ」のエドワード・G・ロビンソンと「札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、フランシス・ウォーレス作の大衆小説を「弾丸か投票か」「Gメン」のシートン・I・ミラーが脚色し、「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「大森林」「科学者の道」のガエタノ・ゴーディオが撮影したもの。助演者は「札つき女」「化石の森」のハンフリー・ボガートを始め、「太平洋横断機」のウェイン・モリス、「札つき女」のジェーン・ブライヤン及びベン・ウェルデン、「黄金(1936)」のハリー・ケイリー、「カリアンテ」のソレダッド・ヒミメス、ウィリアム・ハード等である。

「倒れるまで」のストーリー

ボクシング家のマネジャーとして名を知られているニック・ドナティは、彼の商売敵ターキイ・モーガンに自分の選手が買収されているのを知らないで試合をさせ、見んごと試合に敗け、賭けた大金も失ってしまう。僅かばかりのこった金で、ニックは敗北自慰の盛宴をはかり、主婦役は彼の恋人フラッフが勤めた。この宴会に図々しくモーガンは彼の選手チャック・マグロウを連れて乗り込んだ。モーガンが人殺しくらいは平気でやる男であることを知っているニックはいやいや二人の出席を承諾した。図に乗ったマグロウがフラッフに侮辱を与えた時、ボーイのワード・ギーセンベリイが一撃を加えてマグロウをノックアウトした。これを見たニックはワードを立派な重量ボクシング家に仕立ててやろうと考える。フラックは、彼女を勇敢に救ってくれたワードに「キッド・ギャラハッド」の名を与えた。ニックは自分の故郷へワードを送った。そこでトレイナーのシルヴァーが懸命にワードの身体を作り、ワードはニックの妹マリイと恋に落ちた。ワードの最初の試合はマグロウの弟との顔合わせだったが、彼は見事に敵を打倒した。以来、ワードは地方の都会を巡って幾多の敵をことごとく敗り、またボクシングについての経験を積んだ。そしてついに重量世界選手たるマグロウと顔を合わせることとなった。ニックはこの試合にワードを敗けさせて大金を掴もうと考えた。ニックはワードに「乱打」戦法で行けと命じたのである。ワードがマネジャーの命を遵奉すればマグロウの勝は明らかで、ニックは大金を得るのだ。試合は始まった。ワードの乱打戦法はマグロウの好餌となり、凄いパンチを食らわされた。ワードの恋人マリイも、フラッフも、シルヴァーも唖然として驚き見守った。ワードの旗色はいよいよ悪い。戦法を変えろ、と皆に言われて、さすがのニックも良心に目醒めた。第八回目、ニックは戦法を変えさせた。ワードはジーン・タニイ型の、守りつつ強打を狙い撃つ戦法を取り、ついに第十一回目に到ってワードの右強打はマグロウをノックアウトした。一同が更衣室に入ろうとする時、ターキイ・モーガンは突如ニックを狙撃した。倒れながらニックが放った一弾はモーガンの心臓を射抜いた。しかしニックも致命傷だ。彼はワードと妹に祝司を述べ、フラッフに「俺はチャンピオンを育て上げたぞ」と自慢して瞑目した。

「倒れるまで」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「倒れるまで」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー支社
レイティング

「倒れるまで」のみんなのレビュー

「倒れるまで」のレビューを書く

「倒れるまで」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。