メカス×ゲリン 往復書簡

めかすげりんおうふくしょかん Correnpondence(s) Jonas Mekas - Jose Luis Guerin
上映日
2012年7月2日

製作国
スペイン

上映時間
99分

ジャンル
文芸

ここが見どころ

アメリカの前衛映画の旗手ジョナス・メカスとホセ・ルイス・ゲリンが映像を通して魂の会話を成し遂げる「メカス×ゲリン 往復書簡」。2人が織りなす映像は俳諧の連句のように重なっていき、2人の“日記映画”はみるものを叙情的世界に誘う。2011年10月22日、第24回東京国際映画祭で上映された。2012年6月30日より、東京・渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催された「映画の國名作選IV ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」にて上映。

「メカス×ゲリン 往復書簡」のストーリー

2008年春、ゲリンの作品「工事中」の製作代表を務めたバルセロナ現代文化センターのキュレーター、ジョルディ・バリョーがホセ・ルイス・ゲリンに、アメリカの映画作家とのビデオ往復書簡を提案すると、彼はジョナス・メカスをその相手に選ぶ。彼らが初めて顔を合わせた様子はゲリンの「ゲスト」に収められている。第1書簡でゲリンが2009年にパリに降り立つ「ジョナス・メカスへの手紙1」から、ニューヨークのメカスの映像から2011年の東北大震災の映像へと変わる第9書簡「ジョナス・メカスへの手紙5」までに渡り、2人が映し出す日常が描かれる。

「メカス×ゲリン 往復書簡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「メカス×ゲリン 往復書簡」のスペック

基本情報
ジャンル 文芸
製作国 スペイン
製作年 2011
公開年月日 2012年7月2日
上映時間 99分
製作会社 Accion Cultural Espanola=CCCB=Centro Cultural Universitario Tlatelolco=La Casa Encendida
配給 紀伊國屋書店=マーメイドフィルム(配給協力 コミュニティシネマセンター)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「メカス×ゲリン 往復書簡」のみんなのレビュー

「メカス×ゲリン 往復書簡」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「メカス×ゲリン 往復書簡」を観ているあなたにおすすめの映画