ドキュメント灰野敬二

どきゅめんとはいのけいじ
上映日
2012年7月7日

製作国
日本

上映時間
95分

ジャンル
アート

ここが見どころ

1970年代から現在にいたるまで独自の道を歩み続けてきた音楽家・灰野敬二の姿を追うドキュメンタリー。「エンドレス・ワルツ」「AA」に出演するなど幅広い活動をし、フリージャズや現代音楽、舞踏などジャンルを超えたアーティストともコラボレーションを繰り広げ、新しい音楽表現を追求し続ける灰野の肖像を記録している。監督は、プロデューサーおよび編集を担当した「ヨコハマメリー」で文化庁映画賞、日本映画プロフェッショナル大賞・日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞などを、また同じくプロデューサーおよび編集を担当した「美代子阿佐ヶ谷気分」でイタリア・ぺサロ映画祭審査員特別賞をもたらした白尾一博。

「ドキュメント灰野敬二」のストーリー

1971年即興演奏グループ『ロストアラーフ』にボーカリストとして参加し、1973年からソロ活動を始めた灰野敬二。以来、既存のスタイルに囚われずに常に新しい音楽を追求する灰野は、次第にそのカリスマ性から日本のアンダーグラウンドシーンで注目を集めていく。フリージャズや現代音楽、舞踏などジャンルを超えたアーティストともコラボレーションを繰り広げ、ニューヨークのフリージャズの第一人者ジョン・ゾーンや同じくニューヨークのオルタナティブロックを代表するバンド、ソニックユースなどに多大な影響を与えている。一瞬にして消えてしまう音に永遠性を持たせるべく祈るように音を紡ぐ灰野。そんな灰野の姿を映し出す。

「ドキュメント灰野敬二」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ドキュメント灰野敬二」のスペック

基本情報
ジャンル アート
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年7月7日
上映時間 95分
製作会社 「ドキュメント灰野敬二」製作委員会
配給 太秦
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.doc-haino.com/

「ドキュメント灰野敬二」のみんなのレビュー

「ドキュメント灰野敬二」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「ドキュメント灰野敬二」を観ているあなたにおすすめの映画