偕老 最も美しい同行

かいろうもっともうつくしいどうこう Hand in Hand
上映日
2012年5月30日

製作国
韓国

上映時間
117分

ジャンル
ラブロマンス ドラマ

ここが見どころ

長年連れ添った老夫婦が、重い病に伏した時に思い出した愛のときめきを描くラブストーリー。原作は、世界各国で翻訳されたフィンランドの作家タウノ・イリルシの小説「Hand in Hand」。監督は「フライ・ダディ」のチェ・ジョンテ。出演は「なんでウチに来たの?」チュ・ヒョン、「コムスク行きの汽車」のイェ・スジョン。2012年5月26日より、東京・新宿K's cinemaにて開催された「真!韓国映画祭2012」にて上映。
長年連れ添った老夫婦が、重い病に伏した時に思い出した愛のときめきを描くラブストーリー。原作は、世界各国で翻訳されたフィンランドの作家タウノ・イリルシの小説「Hand in Hand」。監督は「フライ・ダディ」のチェ・ジョンテ。出演は「なんでウチに来たの?」チュ・ヒョン、「コムスク行きの汽車」のイェ・スジョン。2012年5月26日より、東京・新宿K's cinemaにて開催された「真!韓国映画祭2012」にて上映。

「偕老 最も美しい同行」のストーリー

40年以上連れ添ってきたミノとヒジョンの夫婦。抑揚もない静かな日常を送っていたふたりだが、夫ミノが心臓発作で倒れてしまう。辛うじて一命を取り留めたミノだが、次の発作が起きた場合命の保証がないことを告げられる。独り残される妻のことを想うミノは、自分の健康状態を妻に伏せておくこととする、そしてその想いは、長年忘れかけていた愛のときめきを甦らせたのだった…。

「偕老 最も美しい同行」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「偕老 最も美しい同行」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ドラマ
製作国 韓国
製作年 2011
公開年月日 2012年5月30日
上映時間 117分
配給 キノアイジャパン(配給協力 オリオフィルムズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://blog.livedoor.jp/kinoeye/

「偕老 最も美しい同行」のみんなのレビュー

「偕老 最も美しい同行」のレビューを書く