愛の残像

あいのざんぞう FRONTIER OF THE DAWN
上映日
2012年6月23日

製作国
フランス

上映時間
108分

ジャンル
ラブロマンス
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

生と死、夢と現実を超越する激しい愛をモノクロームの映像で紡ぎ出す「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督作。撮影は「ランジェ公爵夫人」のウィリアム・ルプシャンスキー。出演は「恋人たちの失われた革命」のルイ・ガレル、「ゼロ時間の謎」のローラ・スメット、「マリー・アントワネット」のクレマンティーヌ・ポワダツ。

みんなのレビュー

「愛の残像」のストーリー

パリ。若き写真家フランソワ(ルイ・ガレル)は、女優キャロル(ローラ・スメット)のアパルトマンを訪れ、バルコニーで撮影を始める。急にキャロルの体調が悪くなり中断するも、翌日に改めてホテルの一室で撮影を再開。ベッドに横たわり、フランソワを見つめるキャロル。キャロルの表情を撮り続けるフランソワ。その瞬間にふたりは激しい恋に落ちる……。ある日の早朝。キャロルの部屋で寝ているふたり。突然、呼び鈴が鳴りキャロルの夫が帰ってきた。フランソワは洋服を持ちリビングに隠れ、キャロルが夫を寝室に迎えいれると急いでその場から逃げ去る……。街角で男友達と偶然に出会ったフランソワは、キャロルが自宅へ火を放ち、精神病院に入院していることを知らされる。後日。退院したキャロルとカフェで落ち合ったフランソワは、他につき合っている人がいることをキャロルに伝える。キャロルは悲しみを抑えきれず、真夜中、酒を浴びるようにひとりで飲んでいる。バスルームに行き、棚にある薬を手当たり次第に飲み干す。よろめきながらもフランソワのもとへ向かおうと玄関へと歩く……。墓地。墓石には「キャロル・ヴァイスマン1982―2007」と刻まれている。フランソワは墓石の写真を撮り、その場にしゃがみ込む。1年後。エヴ(クレマンティーヌ・ポワダツ)から妊娠を告げられるフランソワ。動揺するフランソワの姿に不安を覚えエヴは思わず泣きだす。メトロの入り口で、ベビーカーを押す母親に手を貸し、捨てられた子猫を撫でるフランソワ。何かが彼の中で変わり始めていた。そんなある日、部屋でフランソワが鏡を覗いていると、そこにキャロルの姿が現れる……。

「愛の残像」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の残像」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 2008
公開年月日 2012年6月23日
上映時間 108分
製作会社 Rectangle Productions
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C) 2008 - Rectangle Productions / StudioUrania

「愛の残像」のみんなのレビュー

「愛の残像」の多彩なBlu-ray/DVD



「愛の残像」を観ているあなたにおすすめの映画