ゴーイング・バーティカル

ごーいんぐばーてぃかる Going Vertical. The Shortboard Revolution.
上映日
2012年6月16日

製作国
オーストラリア

上映時間
90分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

1960年代後半にサーフィン界に大きな変革をもたらした“ショートボード革命”。この歴史的出来事に大きな影響を及ぼした2人のサーフボード職人、ボブ・マクタビッシュとディック・ブリュワーの歩みを中心に、その経緯を紐解いてゆくドキュメンタリー。ナレーションを「プラダを着た悪魔」のサイモン・ベイカーが担当。
1960年代後半にサーフィン界に大きな変革をもたらした“ショートボード革命”。この歴史的出来事に大きな影響を及ぼした2人のサーフボード職人、ボブ・マクタビッシュとディック・ブリュワーの歩みを中心に、その経緯を紐解いてゆくドキュメンタリー。ナレーションを「プラダを着た悪魔」のサイモン・ベイカーが担当。

「ゴーイング・バーティカル」のストーリー

今ではカリスマとなった“シェイパー”と呼ばれる2人のサーフボード職人。オーストラリアのボブ・マクタビッシュとアメリカのディック・ブリュワー。住んでいる場所は違っても、彼らの目的は同じ。“誰も乗ったことがないようなサーフボードを創造すること”。マクタビッシュはナット・ヤングとともに開発した“マジック・サム”という秘密兵器で1966年の世界選手権で優勝を飾る。一方のディック・ブリュワーは、まだ危険とされていたオアフ島ノースショアのパイプラインを舞台に、ビッグ・ウェーブに対抗するためサーフボードを先鋭化させていく。ブリュワーが手がけたボードに乗るジェリー・ロペスの神がかり的なライディングは、新しいショートボード時代の到来を予感させるのに十分だった。華々しいコンテスト・シーンとアンダーグラウンドなビッグ・ウェーブ・サーフィン。それぞれのアプローチは異なっても、2人は“ショートボード革命”を牽引する運命を担っていた。40年以上を経過した今だからこそ明かすことのできる真実とは?そして、革命が成し遂げたものとは何なのか?それは、サーフィンという枠組みを超え、1960年代という時代そのものに対する問いかけでもある。

「ゴーイング・バーティカル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゴーイング・バーティカル」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 オーストラリア
製作年 2011
公開年月日 2012年6月16日
上映時間 90分
配給 レイドバック・コーポレーション=グラッシィ(提供 レイドバック・コーポレーション=グリーンルーム=キングレコード)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ゴーイング・バーティカル」のみんなのレビュー

「ゴーイング・バーティカル」のレビューを書く