プリンセス・カイウラニ

ぷりんせすかいうらに PRINCESS KA'IULANI
上映日
2012年7月7日

製作国
アメリカ

上映時間
98分

ジャンル
歴史劇

ここが見どころ

ハワイ王朝最後のプリンセスとして国と国民に忠誠と愛を誓い、彼らを守り抜くために闘い続けたカイウラニの波乱に満ちた生涯と、秘められた恋を描く歴史ドラマ。監督は本作がデビューとなるマーク・フォービー。出演は「ニュー・ワールド」のクオリアンカ・キルヒャー、「トゥルー・グリット」のバリー・ペッパー、「BOY A」のショーン・エヴァンス。

「プリンセス・カイウラニ」のストーリー

1889年、反王制派の反乱のなかハワイを脱出したカイウラニ王女(クオリアンカ・キルヒャー)は、父親アーチボルトとともにイギリスに向かい、父親の旧友テオ・デイヴィーズとその家族に向か入れられた。息子クライヴ(ショーン・エヴァンス)は王女の美しさに魅かれ、妹アリスは王女が抱える孤独を敏感に察する。アリスと一緒に寄宿学校で学び始めた王女は、人種差別に直面する。彼女の慰めとなったのはデイヴィーズ兄妹だった。やがて王女クライヴと深く愛し合うようになっていく。そんなある日、王女はサンフランシスコにいたカラカウア王死去の報を受け取る。母親代わりに慈しんでくれた叔母リディアがリリウオカラニ女王となりカイウラニ王女を王位継承権第1位に指名する。リリウオカラニ女王は、新憲法を受け入れるように迫るサーストン(バリー・ペッパー)やドール(ウィル・パットン)に屈しなかったため、彼らはアメリカに軍事行動を取るよう画策する。王女がクライヴのプロポーズを受けたと知ったテオは、アーチボルトから送られた“王制崩壊”の電報を王女に見せなかった。しかし、ある日突然、王女のもとに父親が姿を現す。クライヴとの結婚に難色を示す父親から電報について問いただされた王女は隠されていた電報を目にする。彼女は故国ハワイを選び、クライヴに別れを告げる。父親から王制崩壊の顛末とその後に起きたアメリカ軍による国民虐殺の詳細を聞かされた王女は、アメリカ大統領クリーブランドに暫定政権を支持しないように要請するためワシントンに向かう。最初の上陸地ニューヨークで会見した王女は力強いスピーチとエキゾチックな美貌、洗練された物腰で待ち受けていたマスコミを圧倒した。評判を耳にした大統領夫人から昼食に招待された王女は持ち前の機知と外交的手腕を駆使し、同席した大統領の懐柔に成功する。だが王女が帰郷したとき、臨時政府が「ハワイ共和国」樹立を宣言。合併式典への出席を拒否した王女にサーストンから歓迎祝宴を主宰するよう要請される。サーストンの要求を受け入れる王女の心にある決意が芽生えていた……。

「プリンセス・カイウラニ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「プリンセス・カイウラニ」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2012年7月7日
上映時間 98分
製作会社 Matador Pictures= Island Film Group=Trailblazer Films
配給 アニープラネット
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C)2010 Oahu Productions LLC. All rights reserved

「プリンセス・カイウラニ」のみんなのレビュー

「プリンセス・カイウラニ」のレビューを書く

「プリンセス・カイウラニ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

「プリンセス・カイウラニ」を観ているあなたにおすすめの映画