プレイヤー

ぷれいやー The Players
上映日
2012年6月23日

製作国
フランス

上映時間
109分

ジャンル
ラブロマンス コメディ

ここが見どころ

治療不可能な浮気性の男たちの生態を、アンソロジー風の構成により哀歓豊かに映し出すラブコメディ。監督は「アーティスト」のミシェル・アザナヴィシウス、「この愛のために撃て」のフレッド・カヴァイエほか。出演は「アーティスト」のジャン・デュジャルダン、「この愛のために撃て」のジル・ルルーシュ。

「プレイヤー」のストーリー

〔プロローグ〕パリ在住のフレッド(ジャン・デュジャルダン)とグレッグ(ジル・ルルーシュ)は、大人になりきれない親友同士。毎週のようにつるんで夜通し遊び呆けている彼らの人生最大の歓びは、浴びるように酒を飲み、大好きな“女”を物色すること。フレッドにはアリアンヌという姐さん女房が、グレッグにはステファニーという勝ち気な妻に子供までいるが、どうしても浮気癖が抜けない二人は、今日も街なかで女たちの品定めに励み、ナンパ目当てでクラブに繰り出していく。若いブロンド美女たちと意気投合したフレッドとグレッグは、泥酔した勢いで彼女たちをホテルに誘い、まんまとベッドインに成功。二人は、浮気の最中にも次なる壮大な浮気計画に思いを馳せる……。[良心]出張でパリからサンテティエンヌにやってきたローラン(デュジャルダン)は、結婚14年目のサラリーマン。“有機農業セミナー”なる退屈な催しを上の空でやり過ごした彼は、宿泊先のホテルのフロントで見かけたスペイン人女性フリアに心惹かれ、彼女を食事に誘おうと目論む。ところが自室でシャワーを浴びている間にフリアは帰宅してしまい、意気消沈したままセミナーの懇親会に参加。そこで女たちに囲まれ、無類のモテ男ぶりを発揮しているのはカスタン(ルルーシュ)という車椅子の営業マンだった。悶々とした気分のローランは、コールガールを呼ぶことにも失敗し、810号室でのパーティに顔を出すことに。だがそこでもカスタンが女たちを独占しており、存在感が希薄なローランはさっぱり相手にされない。女たちへの欲望を抑えきれない彼は、深夜、意を決してオールドミスのクリスティーヌの部屋のドアをノックする……。[ロリータ]その日、診療を終えた歯科医エリック(ルルーシュ)は、浮かれた気分で車を走らせていた。彼は妻子持ちだが、スタイル抜群の女子大生イネスと長らく愛人関係を結んでおり、今日は久しぶりに彼女との情事を満喫するつもりなのだ。しかしイネスが、待ち合わせ場所のカフェに大勢のクラスメートを連れてきたことから雲行きが怪しくなる。はるか年下の若者たちとの会話に入り込めないエリックは、何とかホテルに連れ込んだイネスのご機嫌を取ろうとルームサービスでゴージャスな料理を奮発。ところが猫のように気まぐれなイネスは、友人たちが踊りまくっているクラブへと飛び出してしまう。そこでロッカー風の迷惑な酔っ払い男ジェームズ(デュジャルダン)にさんざん絡まれたエリックは、イネスの奔放な振る舞いに激しく嫉妬し、ついに我を見失う……。

「プレイヤー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「プレイヤー」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ
製作国 フランス
製作年 2012
公開年月日 2012年6月23日
上映時間 109分
製作会社 JD Prod=Black Dynamite Films=Mars Distribution= M6 Films= Cool Industrie
配給 ブロードメディア・スタジオ=コムストック・グループ(提供 コムストック・グループ)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 不明

「プレイヤー」のみんなのレビュー

「プレイヤー」のレビューを書く

「プレイヤー」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。

「プレイヤー」を観ているあなたにおすすめの映画