ボンベイ to ナゴヤ

ぼんべいとぅなごや Aye Meri Bekhudi
上映日
1999年5月15日

製作国
インド

上映時間
110分

ジャンル
ミュージカル ドラマ

ここが見どころ

ボンベイの青年が日本の名古屋で大暴れ。栄、名駅、明治村といった名古屋の名所で、インド映画ならではの歌と踊りが繰り広げられるスーパー・マサラ・ムービー! 製作は名古屋在住のバクシー兄弟。1999年4月7日より、名古屋・シネマスコーレにて先行上映。

「ボンベイ to ナゴヤ」のストーリー

ボンベイの若き警察官ヴィジャイは、父のプラタープ・シンハ長官と日々密輸組織を検挙していた。そんなある日、警察の慈善ダンス公演で挨拶に立った父とプリマドンナ、ソーナーがギャングに命を狙われる。なんとか危機を救ったものの、恨みをかったヴィジャイはまもなく両親を殺されてしまうのだった。復讐を誓い、敵の親玉ダニーを追って日本へ旅立つヴィジャイ。驚いたことに、そこには旅公演のソーナーが滞在していた。ふたりは日本のヤクザ・佐藤の屋敷に乗り込むが…。

「ボンベイ to ナゴヤ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ボンベイ to ナゴヤ」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル ドラマ
製作国 インド
製作年 1997
公開年月日 1999年5月15日
上映時間 110分
製作会社 PBM
配給 シネマスコーレ=スローラーナー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ボンベイ to ナゴヤ」のみんなのレビュー

「ボンベイ to ナゴヤ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。