オロ

おろ
上映日
2012年6月30日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
社会派

ここが見どころ

チベットからインドへ亡命した少年の3年間を追ったドキュメンタリー。監督は「眠れ蜜」の岩佐寿弥。音楽を「39窃盗団」の大友良英が担当する。

みんなのレビュー

「オロ」のレビューを書く

「オロ」のストーリー

「しっかり勉強するんだよ」と母に背中を押され、オロがチベットから亡命したのは6歳のとき。現在はインド北部の町ダラムサラで、チベット亡命政府が運営するチベット子ども村に寄宿しながら学んでいる。夏休み、オロは遠い親戚のおじさんの家で過ごす。オロと同じくチベット子ども村に寄宿するダドゥンとラモ・ドルマ姉妹は、長い休みにはいつも一緒に遊ぶ仲良しだ。今日はダドゥンの誕生日。姉妹とオロの歌合戦を見守る姉妹の母、ラモ・ツォおばさんも楽しそうだ。ある日、オロは、姉妹の父、ドンドゥプ・ワンチェンの映画の上映会で、彼がチベット本土でこの映画をつくったという理由で中国警察に逮捕され、いま刑務所にいることを知る。ラモ・ツォおばさんは、観客にきびしい表情で夫の無実を訴える。夏休みの終わり、山の上の小さなお堂で五体投地した後、ヒマラヤが眺望できる丘で瞑想するオロ。天空ではオロの心を励ますように二羽の鷲が舞っている。オロが祈ったお堂にはかわいい花束が供えてある。冬休み、ダラムサラの町に5年ぶりの大雪が降った。監督に誘われて旅に出るオロ。監督の友人のチベット人ツエワンも一緒だ。インド・ネパール国境を越えた3人はおんぼろバスに乗る。目的地はネパール・ポカラのタシ・パルケル難民キャンプ。監督は10年前につくった映画の主人公モゥモ・チェンガにオロを会わせたかったのだ。難民キャンプで育ったモゥモの親戚の三姉妹ともすぐに打ち解け、三姉妹の家でアクセサリー作りや料理の手伝いをするオロ。家族が開いてくれた夜の宴でオロは歌う。「知らない国にきて、ぼくは悲しいみなし子だけど……」ほんとうの家族といるようなやさしさに包まれ、次第にオロの心の扉が開いていく。三姉妹の前で亡命のときに体験した過酷な記憶に向き合い、トラウマとなったシガツェという町での出来事を語り始める。なつかしい「雪の国」のことを語り合うモゥモ・チェンガとオロ。6歳のときから一度も会っていないチベットの母を想い、オロは自分の言葉で祈る。「早く大好きなお母さんと会えますように。みんなが故郷に帰れますように。昔のように幸せになれますように……」

「オロ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オロ」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年6月30日
上映時間 108分
製作会社 オロ製作委員会(制作 スコブル工房)
配給 スコブル工房
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
音量 ステレオ
公式サイト http://www.olo-tibet.com/

「オロ」のみんなのレビュー

「オロ」のレビューを書く

「オロ」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません