• 映画DB トップ
  • ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

けいとれでぃがぱーふぇくとなわけ I DON'T KNOW HOW SHE DOES IT
上映日
2012年6月2日

製作国
アメリカ

上映時間
90分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」のストーリー

ケイト・レディ(サラ・ジェシカ・パーカー)は、最近独立を果たした建築士の夫・リチャード(グレッグ・キニア)と、6歳のエミリー(エマ・レイン・ライル)と息子・ベン(セオドア&ジュリアス・ゴールドバーグ)という2人のかわいらしい子供に恵まれ、ニューヨークに拠点を置く投資会社のボストン支社で大好きなファンドマネジャーという職業に就いている。妻・母・キャリアウーマンという3つの役割を巧みにこなし、非常に忙しい日々を送っていたが、他の専業主婦の母親たちと同じように学校行事や課外活動にも参加し、どうやったらそんな風にできるのかと周囲を驚かせる。それに最高の笑顔で応えるケイトだったが、同じく働くママである親友のアリソン(クリスティナ・ヘンドリックス)は、皮肉っぽく眉をあげる。実際ケイトは、尽きることのない“やることリスト”のために、最後にぐっすり眠ったのがいつだったかも覚えていない。ときには子供の朝食を自分の服に付けて出社し、子供恐怖症で仕事中毒の後輩・モモ(オリヴィア・マン)をぞっとさせることもある。しかし、男性社員の前では、家庭の話は一切語らない。夫と2人きりの夕食はレンジで温めるだけのケイトだが、エミリーの幼稚園のバザーのためには、買ってきたパイを皿に盛って、手作り風に見せるのだった。ケイトの新しい投資ファンドに関する提案が、ニューヨーク本社の責任者であるジャック・アベルハンマー(ピアース・ブロスナン)から高い評価を受ける。ケイトはジャックと詳細を詰めるためにニューヨークへ出張し、今まで以上に多くの時間を仕事に費やさなければならなくなる。一方、リチャードも独立後、初めての大きな契約を手にする。ケイトは仕事と家庭を両立するために、危うい綱渡りを始める……。

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012年6月2日
上映時間 90分
製作会社 Weinstein Company, The
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C) 2011 IDK USA, LLC. All Rights Reserved.

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」のみんなのレビュー

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)」を観ているあなたにおすすめの映画