未来警察 Future X-cops

みらいけいさつふゅーちゃーえっくすこっぷす Future X-cops
上映日
2012年5月19日

製作国
香港 台湾

上映時間
100分

ジャンル
SF アクション

ここが見どころ

サイボーグ警察官の活躍と時空を超えた恋を、ワイヤーアクションと最先端VFXで描くSFアクション。監督・脚本は、「シティハンター」のバリー・ウォン。アクション監督は、「少林サッカー」のチン・シウトン。出演は、「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ、ドラマ『流星花園~花より男子~』のバービー・スー。

「未来警察 Future X-cops」のストーリー

2080年、マー博士が開発した太陽エネルギー運用システムが、世界をエネルギー危機から救っていた。その影響で損害を被った石油企業が博士の抹殺を計画する。警察官のチョウ・ジーハオ(アンディ・ラウ)には、同じ部署で働く妻メイリー(ファン・ビンビン)と娘チチ(シュー・チャオ)がいる。ある日、マー博士がサイボーグ暗殺団に狙われ、ジーハオは暗殺団リーダーのカーロン(ルイス・ファン)と死闘を繰り広げる。この闘いでメイリーが殉職し、カーロンの弟も命を落とす。カーロンは妻ペイナーをサイボーグにしてタイムスリップさせ、子供時代の博士の抹殺を目論む。その計画をつかんだ政府もジーハオをサイボーグ超人に改造して過去に送り込む。2020年、ジーハオはチチと暮らしながら警察官として働いている。署長のマー・ジンシャン(マイク・ハー)は彼を見守り、女性刑事シュエオー(バービー・スー)はジーハオに惹かれていく。チチの同級生フオ・ジンフアは、未来の道具で泥棒と闘うジーハオを目撃し、弟子入りを申し込む。失踪中の夫から離婚を告げられたジーハオの母シューイーは、失意から投身自殺を図るが、ジーハオたちに救われる。彼女に一目惚れしたマー署長は結婚を申し込む。ジーハオはシュエオーに真実を話し、期限付きで愛を交わす。マー署長とシューイーの結婚式の日、ジーハオはジンフアがマー博士であると気づく。カーロンたちが式場を襲う。ペイナーの手にかかったチチを救うため、ジーハオはサイボーグの動力源を放棄する。しかし自分がアンドロイドであることを知ったチチは、自分を犠牲にしてジーハオがサイボーグに戻るパワーを与える。ペイナーはシュエオーの運転する空中カーで殺される。暗殺団の弱点は心臓だと見抜いたジンフアの忠告で、ジーハオはカーロンに勝利する。期限が迫り、ジーハオはシュエオーに別れを告げ、未来に戻る。2082年、ある老女を訪ねて病院に通うジーハオの姿があった。

「未来警察 Future X-cops」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「未来警察 Future X-cops」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション
製作国 香港 台湾
製作年 2009
公開年月日 2012年5月19日
上映時間 100分
製作会社 China Film Group=Scholar Multimedia=Beijing Hualu Baina Film & TV Co.=Beijing Orange Sky Zhihong TV & Film Production Co.= IDG China Media=Mega-Vision Pictures=Fantawild Pictures=Orsun Movie & TV Cultural of Hubei
配給 AMGエンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ
公式サイト http://ameblo.jp/miraikeisatsu/

「未来警察 Future X-cops」のみんなのレビュー

「未来警察 Future X-cops」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。