• TOP
  • ありし日のナポレオン

ありし日のナポレオン

ありしひのなぽれおん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヴィクトリアン・サルドウとエミール・モロー合作の舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、かつて在米時代「赤ちゃん嫁」「咲く花散る花」「ダイヤの王国」その他を監督したフランスのレオンス・ペレが監督。グロリア・スワンソンがフランスに渡り、史蹟を実際に使用して製作したナポレオン外伝である。相手役には「十誡(1923)」「無法者の掟」等に出演したシャルル・ド・ローシュが最後のパラマウント映画として出演するほか、フランス側からはエミール・ドレン、シュザンヌ・ビアンケッティ、アルレット・マルシャルなどが出演。
ヴィクトリアン・サルドウとエミール・モロー合作の舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、かつて在米時代「赤ちゃん嫁」「咲く花散る花」「ダイヤの王国」その他を監督したフランスのレオンス・ペレが監督。グロリア・スワンソンがフランスに渡り、史蹟を実際に使用して製作したナポレオン外伝である。相手役には「十誡(1923)」「無法者の掟」等に出演したシャルル・ド・ローシュが最後のパラマウント映画として出演するほか、フランス側からはエミール・ドレン、シュザンヌ・ビアンケッティ、アルレット・マルシャルなどが出演。

「ありし日のナポレオン」のストーリー

サンジューヌ夫人とあだ名された洗濯女カトリーヌ(グロリア・スワンソン)は、フランス革命の渦中に於て自由のために女ながらに戦場を往来して国事に尽くした。ナポレオンの治世になると、彼女は昔馴染のルフェヴル(シャルル・ド・ローシュ)と一緒になり、公爵夫人の称を得たが、カトリーヌの礼儀を知らぬ振る舞いは、宮廷の笑いものだった。しかし彼女の生一本で真面目な態度は、遂にナポレオン(エミール・ドレン)の信任を動かすことは出来なかった。

「ありし日のナポレオン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ありし日のナポレオン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング

「ありし日のナポレオン」のみんなのレビュー

「ありし日のナポレオン」のレビューを書く