太平洋の虎鮫

たいへいようのとらざめ
上映日
1961年5月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

ジョナサン・ラティマーの原作・脚色をジョン・ファーロウが監督した戦争ドラマ。撮影を担当したのはライオネル・リンドン。音楽はデイヴィッド・バトルフ。出演するのは「スージー・ウォンの世界」のウィリアム・ホールデン、ナンシー・オルスン、ドン・テイラー、ウィリアム・ベンディックスなど。製作ジョセフ・シュストロム。

「太平洋の虎鮫」のストーリー

1945年8月。第2次大戦終結直前、アメリカ潜水艦虎鮫号は日本機の爆撃を受けた。副艦長ケン・ホワイト中佐(ウィリアム・ホールデン)は艦を救うため艦上に負傷した船長と乗組員1名を残したまま潜水を命じた。魚雷主任ボーヤー兵曹長は制止したがホワイト中佐は聞きいれなかった。1時間後日本機は去ったが、海上にはもう艦長と乗組員の姿はなく、死体さえ見つからなかった。戦争が終り、ホワイトは恋人キャロル(ナンシー・オルスン)と結婚した。しかし2人は愛し合っていながら、ホワイトの心はいつも晴れなかった。あのいまわしい事件の思い出のためである。やり切れなくなったキャロルはホワイトに、海軍での生活を棄ててくれと迫った。そして彼が海軍から離れられぬのを知ると家を出てしまった。やがて朝鮮戦争がはじまりホワイトは再び虎鮫号にのり、艦長となって出撃した。ボーヤー兵曹長もいっしょだった。艦は北朝鮮軍捕虜となっている200名のアメリカ兵を救出する命令を受けた。虎鮫号は機雷だらけの湾に突入した。北朝鮮側の集中砲火が艦のまわりで炸烈したが、ホワイトはひるまなかった。今度の作戦は艦を犠牲にしても遂行すべきだと彼は判断したのである。空挺部隊や友人モリス空軍中佐(ドン・テイラー)の協力で任務は達成された。ボーヤー兵曹長もホワイトの信念を見直した。ホワイト自身も今までの罪悪感を忘れ去ることができた。そしてモリス中佐からホワイトに妻キャロルが身ごもって彼を待っているとの朗報がもたらされたのだった。

「太平洋の虎鮫」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「太平洋の虎鮫」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1961年5月5日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「太平洋の虎鮫」のみんなのレビュー

「太平洋の虎鮫」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「太平洋の虎鮫」を観ているあなたにおすすめの映画