対決の一瞬

たいけつのいっしゅん
上映日
1958年3月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ブレット・ハートの小説を「零号作戦」のミルトン・クリムス、「黄金を追う男」のダニエル・D・ビューチャンプ、それにテディ・シャーマンの4人が脚色、「怒りの刃」のアラン・ドワンが監督した西部活劇。撮影も同じく「怒りの刃」のジョン・アルトン。音楽は「悪の対決」のルイス・フォーブス。主演は「敵中突破せよ!」のジョン・ペイン、「最後の砦」のロナルド・レーガン、「OK牧場の決斗」のロンダ・フレミング、「現金に体を張れ」のコリーン・グレイ。

「対決の一瞬」のストーリー

ゴールド・ラッシュに明け暮れる1849年のカリフォルニア--サンフランシスコ北部の町サンディ・バアに流れてきた賭博師テネシー(ジョン・ペイン)は、夜毎ダッチェス(ロンダ・フレミング)が経営するナイト・クラブを根城に金を巻き上げては町の顔役ターナーや市民から恨みを買っていた。男勝りのダッチェスもテネシーを歓迎しなかったが、心中では秘かに彼を愛していた。確かにテネシーはカード勝負を離れては心の暖かい男で、ターナーに資金を無心にきて断られた老山師グラッブステイクに儲けた金をやるほどだった。が、そのため彼はターナー一味の待ち伏せを食い危うく射殺されそうになった。テネシーを助けたのは他国者のカウポーク(ロナルド・レーガン)という綽名の男で、以来2人は無二の親友となった。カウポークは、金を掘り当て5000ドルを貯えたので、結婚を約束した女ゴールディ(コリーン・グレイ)を迎えようとこの町に来たのである。彼はテネシーに結婚式の介添えを頼んだ。サンフランシスコから花嫁が到着した。が、花嫁の顔を見たテネシーは驚いた。女は、彼がかつて酷い目にあった海千山千のあばずれ女だった。親友カウポークを思うテネシーは、花嫁のゴールディを再び出航寸前の船に誘って言葉巧みに置き去りにしてきた。しかし一方、カウポークは、親友に女を横取りされたと誤解して資金獲得のため山へ去った。山に入ったカウポークは、金を見つけたというグラッブステイクに会い、字が書けない彼のために鉱山登記用の地図を書いてやった。グラッブステイクは町に出、かつて彼に金をくれたテネシーと金を掘るのだと、大尽遊びを始めた。噂は忽ち町に拡がった。テネシーはグラッブステイクを自分の宿に泊め、カウポークの誤解をとくため山へ向かった。テネシーに詳しく事情を聞いたカウポークは総て了解、再び親交を誓った。ところが、この夜、グラッブステイクが殺され、登記用の地図が盗まれた。嫌疑は当然テネシーにかかった。テネシーは山でカウポークとともに警視に捕まえられた。ターナーは町民を扇動して2人を私刑にかけようとした。がこの時カウポークは事件の内容から真犯人はグラッブステイクに頼まれて地図に書いた金山にいるに違いないと、テネシーと2人で脱獄、現場へ駈けつけた。果たして金山にはターナーがいた。犯人は彼だった。が卑怯な彼は素手のテネシーを射った。この時カウポークは身を投げ出してテネシーを疵って倒れた。テネシーはターナーを追い親友の復讐をした。やがてテネシーはダッチェスと結ばれた。

「対決の一瞬」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「対決の一瞬」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1958年3月1日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「対決の一瞬」のみんなのレビュー

「対決の一瞬」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。