ゾロの復讐

ぞろのふくしゅう
上映日
1959年9月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

黒衣黒覆面の快傑ゾロを主人公とする作品。ゾロに扮するのは「快傑ゾロ(1958)」に次いでのガイ・ウィリアムス。ジョンストン・マッカリーの原作に基づいてローウェル・S・ホウリーとボブ・ウェリングがシナリオを書き、監督はチャールズ・T・バートン。撮影を「快傑ゾロ(1958)」のゴードン・エイヴィルが担当している。音楽はウィリアム・ラヴァ。他に出演するのは、ヘンリー・カルヴィン、ジーン・シェルダンら。製作ウィリアム・H・アンダーソン。

「ゾロの復讐」のストーリー

カリフォルニアがスペイン領だった頃。大地主ドン・アレファンドロの息子ディエゴ(ガイ・ウィリアムス)は、黒衣黒覆面の快傑ゾロに扮して、人知れず正義の士として働いていた。その頃、カリフォルニアは、イーグル団とよばれる凶悪な陰謀団一味によって荒らされていた。アレファンドロはこれに対抗するため自警団を作り、総監府の許可を受けるためモントリオールに向かった。その間に、首領イーグルは自から新任の司政官ホセ・セバスチャンを名のってやってきた。彼は警備司令ガルシァ軍曹(ヘンリー・カルヴィン)をおどして、アレファンドロの屋敷を官邸として接収した。ディエゴは立腹したが、忠実で口の不自由な従者ベルナンドとともに、秘かに様子を見ることにした。司政官の部屋にしのびこんだディエゴは、どうやら彼がイーグル団の首領らしいことを知った。やがてディエゴは、一味が自警団50人の名簿を手に入れようとするのを妨害し、一味がカリフォルニアを手中におさめ、外国に売り渡すことを計画しているのを調べあげた。ディエゴはいろいろイーグルを脅迫した。だが一味は配下を集めて再び城内に攻め入り、イーグルの旗印をかかげて町を占領した。町に帰ったアレファンドロと、ディエゴ主従は、ガルシア軍曹とともに監禁されてしまった。自警団の名簿を渡すと偽って部屋を出たディエゴは、ゾロとなって剣をふるい、イーグル一味を散々に痛めつけた。1人逃げようとしたイーグルは部下に撃たれて死に、カリフォルニアには平和がよみがえった。

「ゾロの復讐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゾロの復讐」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1959年9月10日
製作会社 ブエナ・ビスタ・プロ映画
配給 日本RKO
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「ゾロの復讐」のみんなのレビュー

「ゾロの復讐」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。