ゾロの復讐

ぞろのふくしゅう
上映日
1959年9月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

黒衣黒覆面の快傑ゾロを主人公とする作品。ゾロに扮するのは「快傑ゾロ(1958)」に次いでのガイ・ウィリアムス。ジョンストン・マッカリーの原作に基づいてローウェル・S・ホウリーとボブ・ウェリングがシナリオを書き、監督はチャールズ・T・バートン。撮影を「快傑ゾロ(1958)」のゴードン・エイヴィルが担当している。音楽はウィリアム・ラヴァ。他に出演するのは、ヘンリー・カルヴィン、ジーン・シェルダンら。製作ウィリアム・H・アンダーソン。

「ゾロの復讐」のストーリー

カリフォルニアがスペイン領だった頃。大地主ドン・アレファンドロの息子ディエゴ(ガイ・ウィリアムス)は、黒衣黒覆面の快傑ゾロに扮して、人知れず正義の士として働いていた。その頃、カリフォルニアは、イーグル団とよばれる凶悪な陰謀団一味によって荒らされていた。アレファンドロはこれに対抗するため自警団を作り、総監府の許可を受けるためモントリオールに向かった。その間に、首領イーグルは自から新任の司政官ホセ・セバスチャンを名のってやってきた。彼は警備司令ガルシァ軍曹(ヘンリー・カルヴィン)をおどして、アレファンドロの屋敷を官邸として接収した。ディエゴは立腹したが、忠実で口の不自由な従者ベルナンドとともに、秘かに様子を見ることにした。司政官の部屋にしのびこんだディエゴは、どうやら彼がイーグル団の首領らしいことを知った。やがてディエゴは、一味が自警団50人の名簿を手に入れようとするのを妨害し、一味がカリフォルニアを手中におさめ、外国に売り渡すことを計画しているのを調べあげた。ディエゴはいろいろイーグルを脅迫した。だが一味は配下を集めて再び城内に攻め入り、イーグルの旗印をかかげて町を占領した。町に帰ったアレファンドロと、ディエゴ主従は、ガルシア軍曹とともに監禁されてしまった。自警団の名簿を渡すと偽って部屋を出たディエゴは、ゾロとなって剣をふるい、イーグル一味を散々に痛めつけた。1人逃げようとしたイーグルは部下に撃たれて死に、カリフォルニアには平和がよみがえった。

「ゾロの復讐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゾロの復讐」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1959年9月10日
製作会社 ブエナ・ビスタ・プロ映画
配給 日本RKO
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「ゾロの復讐」のみんなのレビュー

「ゾロの復讐」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません