荒鷲戦隊

あらわしせんたい
上映日
1951年6月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作し、「凸凹カウ・ボーイの巻」のアーサー・ルービンが監督した1942年作品。C・S・フォレスターの原作を、「ゾラの生涯」のノーマン・R・レインが脚色し、「扉の蔭の秘密」のスタンリー・コルテスが撮影、「裏街(1941)」のフランク・スキナーが音楽を担当する。主演は「風変りな恋」のロバート・スタックと、この作品でデビューしたダイアナ・バリモアで、「ザンバ(1949)」のジョン・ホール、「不時着結婚」のエディ・アルバート、「レベッカ」のナイジェル・ブルースらが助演する。

「荒鷲戦隊」のストーリー

第2次大戦初頭。英国空軍に参加した三人のアメリカ人パイロット、チャック(ロバート・スタック)、ジョニー(リーフ・エリクスン)とボロウスキー(エドガー・バリア)。3人は「イーグル飛行中隊」に向かう途中、隊長パディ(ジョン・ローダー)と隊員ハンク(ジョン・ホール)、交換手のアン(ダイアナ・バリモア)と知り合った。飛行中隊では連日ドイツ空軍との死闘を繰リ返したが、その頃独軍に出現した新戦闘機の威力は、ともすれば連合軍を圧しがちであった。チャックは日増しにつのるアンへの愛に、何とか彼女を口説き落とそうとしたが、彼女はなかなか陥落しない。喧嘩別れしたチャックは、命令により、二人の親友と共に新ドイツ機を分捕りにフランス飛行場に潜入することになった。だがボロウスキーの発狂によって作戦は間一髪のところでばれ、決死隊はチャックとジョニーを残して全員戦死した。傷ついたジョニーの機関銃による援護で、チャックは新ドイツ機に飛び乗ると、ひとり英国に帰還した。空中連絡で、チャックはアンが本心から自分を愛していることを知るのだった。

「荒鷲戦隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「荒鷲戦隊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1951年6月3日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 セントラル
レイティング

「荒鷲戦隊」のみんなのレビュー

「荒鷲戦隊」のレビューを書く

「荒鷲戦隊」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません