続おもいでの夏

ぞくおもいでのなつ
上映日
1976年6月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

少年期の異性憧憬とナイーブな心情を描いた、ロバート・マリガンの「おもいでの夏」の続編。製作・監督は「西部無法伝」のポール・ボガート、脚本はハーマン・ローチャー、撮影はアンドリュー・ラザロ、音楽はデイヴィッド・シャイアーが各々担当。出演はゲイリー・グライムス、ジェリー・ハウザー、オリバー・コナント、デボラ・ウィンタース、ウィリアム・アザートン、サム・ボトムスなど。

「続おもいでの夏」のストーリー

1944年、第二次大戦は連合軍のノルマンジー上陸で勝利のきざしを見せ、世界に平和が訪れようとしていた。ハーミー(ゲイリー・グライムス)、オスキー(ジェリー・ハウザー)、ベンジー(オリバー・コナント)の仲良し3人組も、44年度の卒業生として高校を巣立っていった。ベンジーは海兵隊、ハーミーとオスキーはウエスト・ブランフォード大学に入学し、初めて両親のもとを離れて下宿生活を送ることになっていた。大学が始まると、ハーミーは新聞部に入部するために、部室に編集長を訪ねた。そこでジュリー(デボラ・ウィンタース)と編集長が対立していた。翌日、食堂でハーミーはジュリーに会った。お茶をさそう彼に、彼女は「呑む必要はないわ。文章の書き方で困ったら電話ちょうだい」といって出ていった。そんなことがきっかけになって2人の間に愛が芽ばえていった。一方、チャッカリ屋のオスキーが、女人禁制の下宿に女を連れ込み、金をとって次々に友達に抱かせたことがばれ、退学になった。オスキーは陸軍に入隊し、ハーミーのもとから去っていった。そんなある日、突然、ハーミーの父が心臓マヒで急死するという不幸が起こった。葬儀のために家に帰ったハーミーの家に軍服姿のオスキーが訪ねてきた。その夜、2人は町に出て盛大に酒を呑んだ。死んだ父のために乾杯し、親友ベンジーのために乾杯した。酔いがまわるにつれて、ハーミーは父の死を初めて実感として受けとめた。翌日、オスキーは軍隊に帰り、ハーミーは大学へ帰っていった。ウエスト・ブランフォード駅に降り立ったハーミーを、ジュリーが車で迎えに来ていた。「試験はパスしてたわ。おめでとう」。ジュリーのやさしさに、ハーミーを涙をこらえることが出来なかった。44年の夏はやがて終わろうとしていた。

「続おもいでの夏」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「続おもいでの夏」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1976年6月5日
製作会社 ワーナー・コミュニケーション・カンパニー作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「続おもいでの夏」のみんなのレビュー

「続おもいでの夏」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません