組織

そしき
上映日
1974年2月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカの人気作家リチャード・スターク原作の「悪党パーカー」シリーズ中の「犯罪組織」の映画化。製作はカーター・デ・ヘブン、監督・脚本は「愛と死のエルサレム」のジョン・フリン、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はジェリー・フィールディング、編集はラルフ・E・ウィンタースが各々担当。出演はロバート・デュヴァル、カレン・ブラック、ジョー・ドン・ベイカー、ロバート・ライアン、ティモシー・ケーリー、ジョアンナ・キャシディ、リチャード・ジェイケル、シェリー・ノース、フェリス・オーランディなど。

みんなのレビュー

「組織」のレビューを書く

「組織」のストーリー

アール・マクリン(ロバート・デュヴァル)が永年の刑に服し出所すると、情婦のベット(カレン・ブラック)が出迎えた。2人はマクリンの兄エディが経営する農場に向かったが、途中のモーテルで1夜を明かすことになった。そこでベットは、マクリンが出所する前にエディが殺されたことを語った。そのとき、殺し屋フランク(フェリス・オーランディ)が襲ってきたが、マクリンに油断はなかった。フランクを痛めつけ彼を雇ったジェイク(ティモシー・ケーリー)から、逆に金を巻き上げ、さらに兄を殺した賠償として25万ドルを要求した。マクリンと仲間のコディ(ジョー・ドン・ベイカー)は、友だちのマッジ・コイルのビッグホーン・ロッジに身を隠した。そして彼の組織に対する復讐計画は実行され、組織が経営するクラブや賭場が次々に襲われた。組織のボス、アーサー・メイラー(ロバート・ライアン)は、災いが若い夫人のリタ(ジョアンナ・キャディ)に及ばないうちに早く手を打とうと考え、彼らに望みの金の支払を約束した。受け渡しは教会で行なわれた。だが、手提げカバンの中味は新聞紙と知ったとき、マクリンとコディは数人の殺し屋に囲まれていた。2人はとっさの機転から血路を開いて逃げ出た。追手の追求が激しくなるにつれ、ベットはナーバスになったが、マクリンはどうしても決着をつけると思いつめていた。だが、彼らはハイウェイで警官に変装した殺し屋たちのパトロールカー2台に襲撃された。激しい撃ち合いとなってメナーは、燃えさかる車から逃げ出すところをマクリンに撃ち殺されたが、ベットも心臓を撃ち抜かれて車の中に沈んだ。もうメイラーを活かしておけなかった。マクリンはベットの死体を友人の医師にまかせ、警備の厳重なメイラーの屋敷へ乗り込んで入った。そのとき、マクリンは、この決戦から手を引くチャンスをコディに与えたが、彼は「結果を見きわめる…」といって聞かなかった。2人は巧みに警戒網を突破して屋敷内に潜入、時限爆弾を仕掛け、リタの自由を奪ったが、彼に発見されて先手を取られ、コディは1弾を浴びて倒れた。マクリンもまた機先を制されて危なかったが、重傷を負ったコディのおかげで窮地を脱した。やがて爆弾のさく裂で形勢が逆転、駆けつける警官隊の中を、マクリンは悠々と脱出して行った。

「組織」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「組織」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年2月9日
製作会社 カーター・デ・ヘブン・プロ作品
配給 メトロ映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「組織」のみんなのレビュー

「組織」のレビューを書く