底抜け西部へ行く

そこぬけせいぶへいく Pardners
上映日
1956年12月15日

製作国
アメリカ

上映時間
90分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

お馴染みマーティン=ルイスの「ニューヨークの休日」の次回作。今回は西部の天地に一騒動を巻き起こす。マーヴィン・J・ハウザーのストーリーから「お若いデス」のシドニー・シェルダンが脚本を執筆し「ニューヨーク……」に続きポール・ジョーンズ=ノーマンタウログのコンビが製作=監督を担当した。撮影も同じくダニエル・L・ファップ。編曲は「攻撃」のフランク・デヴォール、歌曲は作詞サミー・カーン、作曲ジェームズ・ヴァン・ヒューゼンと「夜は夜もすがら」のチーム。マーティン=ルイスの他「怒りの河」のロリー・ネルソン、「最初のテキサス人」のジェフ・モロー、「ラスヴェガスで逢いましょう」のアグネス・ムーアヘッド、「勇者のみ」のロン・チャーニーなどが出演する。

「底抜け西部へ行く」のストーリー

19世紀の終わり頃、12人の覆面の賊がアリゾナ州のキングズリー牧場を襲った。牧場主のウェイト・キングズリーと牧童頭のスリムが殺され、幼いウェイドとスリムの息子は母親の手で避難した。その後キングズリー夫人は息子のウェイド(J・ルイス)を伴いニューヨークへ行き事業の成功で莫大な財産を作った。歳月が流れ、ウェイドも牧場に戻った牧童頭の息子スリム(D・マーティン)も一人前の青年となった。ウェイドは父の面影を慕い西部に憧れていた。一方スリムは牧場の経営不振を救おうとロデオの賞金目当てにニューヨークヘやってきた。スリムは従妹のキャロル(ロリー・ネルソン)とウェイドを訪れ、ウェイドは一緒に西部へいくことになった。その頃、西部では12人の賊の息子達が悪事を働いていた。頭目は銀行を経営するホリスであったが正体は誰も知らなかった。彼とキングズリー牧場の牧童頭リオは気脈を通じ牧場乗っ取りを策していた。西部に着いたウェイドは素性が知れると悪漢に狙われるため“殺しやジョーンズ”と変名した。彼は偶然のことから踊り子ドリー(T・ラワリー)と愛し合うようになった。賊の暴力から財産を守るため住民大会が開かれた。ホリスの発言で警備隊が作られシェリフはリオの推薦でジョーンズに決まった。リオは悪事を働くのに頭の少々足りないジョーンズなら都合がいいと思ったのだ。リオはドリーに想いを寄せていたが、ドリーはウェイドを愛していると知って彼に喧嘩を売ったが遂にのされた。ウェイドとスリムが勝利の祝杯をあげているころ牧場が賊に襲われた。ウェイドは直ちに義勇隊を作り賊を追い払った。一方ホリスは借金を理由に牧場を取り上げようとした。ウェイドは銀行に出かけ借金を払い本名を明かした。するとホリスは一策を案じ、リオに銀行を襲わせウェイドの金を強奪させようとした。ウェイドは賊の1人に変装、金を奪って賊と一緒に彼等の隠れ家にいった。山分けする段に遂にウェイドの素性がばれ、賊は彼を縛り、点火したダイナマイトをそのポケットに入れた。アワヤ、ウェイドもコッパミジンと思われた瞬間、救援に駆付けたスリム。彼はすぐさまウェイドを助けだし、口火の尽きかけたダイナマイトを悪漢の隠れ家へ投げつける。珍妙な大格闘の末ホリス一味は壊滅、ウェイドはドリーと目出たしと相なった。

「底抜け西部へ行く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「底抜け西部へ行く」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1956年12月15日
上映時間 90分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「底抜け西部へ行く」のみんなのレビュー

「底抜け西部へ行く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません