底抜け一等兵

そこぬけいっとうへい
上映日
1958年11月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

ジョージ・ベイカーの軍隊漫画“可哀そうな二等兵”をもとにして、「底抜け楽じゃないデス」のジェリー・ルイスが主演した18本目の喜劇映画。監督は「偽将軍」のジョージ・マーシャル。エドモンド・ベロインとネイト・モナスターが原作漫画をシナリオ化し、撮影監督は「十戒(1957)」のロイヤル・グリグスが担当した。音楽はウォルター・シャーフ。主題歌ロバート・ライト、ジョージ・フォレスト作詞・作曲の『おなじことよ』と、チャールズ・オカラン、ダドリー・ブルックス、F・E・ミラーによる『なぜ払う』を、リリアン・モンテヴェッチが歌っている。他の出演者は「地獄の翼」のフィリス・カーク、「絹の靴下」のピーター・ローレ、デヴィッド・ウェイン、リリアン・モンテヴェッチ、ジーン・エバンン、ジョー・マンテル等。製作ハル・B・ウォリス。

「底抜け一等兵」のストーリー

召集されてくる新兵を立派な兵隊にたたきあげるため、テネシー州カルフーン兵営のバンダーリップ将軍は、精神医学専攻の婦人士官シェルトン少佐(フィリス・カーク)にその仕事を担当させた。モデル・ケースとしてメレディス・ビクスビー二等兵(ジェリー・ルイス)が選ばれ、タフなドーラン伍長が直接指導に命じられた。ところが少々頭の働きが足りないビクスビーの教育を口実に、伍長は相棒のウェナスロスキー一等兵と共に彼をつれて毎晩外出し、女の子と遊び歩くばかり。ナイトクラブの喧嘩でMPにつかまりそうになり、腕章を盗んでニセMPになったビクスビーの機転で助かったが、酔っ払った2人を乗せたビクスビー運転の車は婦人士官宿舎に入りこみ、大騒動をひき起した。これを心よく思わぬプリー軍曹によって3人はモロッコ派遣軍から除外されようとした。しかし伍長を恋するシェルトン少佐がそれを救ってくれた。砂漠のまん中の、モロッコ駐屯地に出かけても、3人組の女の子さがしはやまなかった。つれの2人にはぐれたビクスビーは、酒場"ピンクのラクダ"でジタ(リリアン・モンテヴェッチ)という女歌手に会い、彼女を恋した。伍長が彼の身を思って、ジタが悪い女だと中傷したことから、ビクスビーは行方をくらまし、アラビア・ゲリラ隊に捕えられた。米軍から盗んだ大砲を組立させようとビクスビーをせめるゲリラ隊の本拠を、ジタの知らせでドーラン伍長とウェナスロスキーは急襲し、大手柄をたてた。3人組はフランス外国人部隊の将軍から勲章とキスを貰って大喜びである。伍長だけには、別にシェルトン婦人大佐のキスが待っていた。ジタからは、ビクスビーを待つとのうれしい伝言があった。

「底抜け一等兵」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「底抜け一等兵」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1958年11月29日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ

「底抜け一等兵」のみんなのレビュー

「底抜け一等兵」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません