善人サム

ぜんにんさむ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「我が道を往く」「聖メリイの鐘」と同じく、レオ・マッケリーが製作監督した映画で「打撃王」「オペラ・ハット」のゲイリー・クーパーと「嵐の青春」「栄光の都」のアン・シェリダンが主演する。ストーリイは、マッケリーがジョン・クローラーと共作し、脚本は、ケン・イングランドが執筆した。音楽は前記のマッケリー2作品と同じく、ロバート・エメット・ドーランが作曲し、撮影は「ジェーン・エア」「聖メリイの鐘」のジョージ・バーンズが、監督した1948年作品。助演は「二重生活」のレイ・コリンズ「晩餐8時」のエドモンド・ロウ「小麦は緑」のジョーン・ローリング、その他、クリントン・サンドバーグ、ディック・ロス、ルイス・ビーヴァース等である。

「善人サム」のストーリー

サム・クレイトンはボーデン百貨店の支配人であるが、善人サムと綽名されている途方もない慈善家である。彼はブッチとルルと2人の子を持ち、美しい妻のルウと楽しい家庭を持っていたのであるが、半年前からルウの腹違いの弟、クロードが食客となっている。彼が傷い軍人であるのに同情して、サムが寝室を提供したので、ルウはルルの室で、サムはブッチの室で、夜は別々に寝なければならぬ。失業者で怠け者のクロードは、食事を一緒にしたためしがない。通いの女中のクローエは、暇をもらいたいといっている。ルウは弟を追い出してくれと頼むのであるが、サムにはとても切り出せない。近眼の隣人バトラーが、ピクニックに出掛ける間際に、自動車が故障したのに同情し、サムが車を貸し手やると、バトラーは行った先で車を衝突させ、訴訟さたになる。バトラーの故障車の修繕代を、サムは支払わさせられる。店の売子の、シャーリー・メイが失恋した上にアパートの追い立てを食ったのも、サムは引き取ってやる。そういうわけで、百貨店の支配人でありながら、今だに借家住まいである。自分の家を欲しがっているルウの気持ちを察しながらも、隣人だったアダムスが、ガソリンスタンドを買う金を貸せというと、家を買うための預金をサムは残らず貸してしまう。ルウの理想的な家が格安で買える時になって、サムは当惑し、ルウは怒って泣き出す仕末である。折も折、クロードとシャーリー・メイが恋仲となる。裏庭で2人が密会しているとも知らず、ルウはシャーリー・メイの悪口をいい、早く追い出さないからこういう事になったと愚痴をいう。それを聞いたシャーリーは荷造りをして飛び出す。入れ違いに入ってきたのは、金を借りていた隣人のアダムスで、ガソリンスタンドが大金で売れたからといって、千ドルの利息をつけて借金を返しに来た。残りの金で別のスタンドを買うと言うので、クロードが雇われることとなる。ルウのあこがれの家も買えるわけである。サムは例年の通り、全市の浮浪者のために、クリスマス夜食をごちそうする企画を立て、その寄付金を銀行に預けにゆく途中、ゆき倒れを装った女を助けたばかりに、頭を撲られて金を奪われてしまう。切端つまったサムは、銀行へ行き貸し出しを申し込むと君に貸すのは危ないといって断わられる。一方ルウは新しい家に越すのだといって喜んで、古い家の家具全部を救世軍に寄付する。頭を怪我して早く帰って見ると、ちょうど救世軍が家具を受け取りに来ている所である。有頂天になって喜んでいるルウに、打ちあけかねたサムは、当てもなく町へ出て、トムの酒場でしたたか飲んで乱酔する。転宅したルウは、新しい家でごちそうをして待っている。そこへ銀行家が訪ねて来て、考え直した、サムのような人に貸さなければ金の値打がない、と事情をルウに打ちあける。百貨店のボーデン社長は、サムを支配人から副社長にしたと言って来る。吉報は山程あるのに、肝心のサムは行方不明、ルウが心配していると救世軍の楽隊の音が聞こえて来る。酔っぱらって、浮浪者と服を取り替えたサムが、救世軍女士官と肩を組み合って救世軍歌を歌いながらやって来る。ルウはうれしくてうれしくて、いつまでもいつまでも笑いが止まらなかった。

「善人サム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「善人サム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「善人サム」のみんなのレビュー

「善人サム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません


「善人サム」を観ているあなたにおすすめの映画