0の決死圏

ぜろのけっしけん The Chairman
上映日
1969年7月23日

製作国
アメリカ

上映時間
101分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

竹のカーテン内でくり展げられるスパイ・アクション。「許されざる者(1960)」のベン・マドウの脚本により、「ナバロンの要塞」「マッケンナの黄金」のJ・リー・トンプソンが演出した。製作は「ナポレオン・ソロ」でエミー賞を得たモート・エイブラハムズ。音楽は「猿の惑星」のジェリー・ゴールドスミス、撮影は「わが命つきるとも」のテッド・ムーアがそれぞれ担当している。出演は「マッケンナの黄金」のグレゴリー・ペック、「女狐」のアン・ヘイウッド、「侵略」のアーサー・ヒルの他、毛首席にアメリカ2世の舞台俳優コンラッド・ヤマが扮している。

「0の決死圏」のストーリー

アメリカのノーベル賞科学者ジョン・ハサウェー博士(グレゴリー・ペック)は、シェルビー中将(アーサー・ヒル)の命により、旧師リー教授(ケイ・ルーク)に会いにいくことになった。それは、中国にいる教授が発見した驚くべき酵素の秘密を教わる為だった。博士は恋愛中のケイ・ハナ教授(アン・ヘイウッド)との別れを惜しみつつ中国へ向かった。香港の美女チン・リン(ジーニア・マートン)とのからみによって博士は竹のカーテン内に潜入可能となった。そして、イン保安部長(エリック・ヤング)に伴われた博士は、リー教授の娘で科学者のチュー(フランシスカ・ツー)に会い次いで毛首席(コンラッド・ヤマ)と面談した。毛首席との約束に基づき、博士はチューとともに教授の研究を手伝うことになった。やがて博士とチューの間に相ひく感情がめばえた。その間の事情は、博士の頭蓋骨に仕こまれた無電器で逐一シェルビーに伝えられていた。そのうち、リー教授の死という大事件が起こり、博士の身が危うくなった。チューから酵素に関する極秘のマイクロフィルムを渡された博士は、インの追撃を逃れソ連国境へ向った。そしてソ連側の警備隊の援助によって、博士は無事脱出することができた。

「0の決死圏」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「0の決死圏」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1969年7月23日
上映時間 101分
製作会社 アプジャック・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 モノラル

「0の決死圏」のみんなのレビュー

「0の決死圏」のレビューを書く

「0の決死圏」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません