0086笑いの番号

ぜろぜろはちろくわらいのばんごう
上映日
1981年6月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ アクション

ここが見どころ

爆発した瞬間、オールヌードにしてしまうというヌード爆弾を使って世界征服を企む悪の組織に挑戦する諜報員86号の活躍を描くアクション・コメディで、アメリカのNBCテレビで65年から放映されたTVシリーズを新たに劇場用に製作したもの。製作はジェニングス・ラング、監督は「アルフレッド大王」のクライブ・ドナー、脚本はアーン・サルタン、ビル・ダーナとレオナード・スターン、キャラクター創作はメル・ブルックスとバック・ヘンリー、撮影はハリー・L・ウォルフ、音楽はラロ・シフリン、製作デザインはウィリアム・タントクが各々担当。出演はドン・アダムス、シルビア・クリステル、ロンダ・フレミング、ダナ・エルカー、アンドレア・ハワード、ビットリオ・ガスマンなど。

「0086笑いの番号」のストーリー

エージェント86号のスパイ名を持つマックスウェル・スマート(ドン・アダムス)が、ネオ・ファシスト党なるパラシュート部隊の一員として特別任務を遂行している時、彼が所属するPITS(緊急戦略情報部)のチーフ(ダナ・エルカー)から緊急指令が入った。悪の組織KAOSの新リーダーであるノーマン・サン・サバージョ(正体不明)が、TVを通じて、要求を聞き入れない時は、すべての繊維を破壊するという新兵器ヌード爆弾の使用も辞さないと宣言したのだ。早速、アシスタントのララビー、ファッション関係のプロで美人スパイ36号、22号(アンドレア・ハワード)らとチームを組み、ヌード爆弾投下阻止の任務につくスマート。国連本部で、爆弾阻止の特別委員会が召集されている時、近くで爆弾事故が発生し、気がついた時には、全員がオール・ヌードに。KAOSのボスの正体を探るうちに、あるカリフォルニアに住むモデルの家をつきとめたスマートと22号は、しかし、彼女がすでに殺されたことを知り愕然とする。サバージュの一の部下セバスチャン(ヴィットリオ・ガスマン)の正体をつかみ、最近別れた彼の妻エディス(ロンダ・フレミング)の住むインスブルックに向かったスマートは、そこですばらしい美人の34号(シルビア・クリステル)に迎えられて有頂点。早速、34号の案内でエディスの家に行き、彼女と会うが、途中、KAOSの男たちが乱入し、格闘がはじまる。雪のつもるインスブルック、この騒ぎで雪崩が生じ、全員埋められてしまう。しかし、どんな目にあっても、不思議と難をまぬがれる悪運の強いスマート。脱出に成功し、サバージュの正体解明及び爆弾阻止に全力を注く。そして、遂にセバスチャンがサバージュのコピーであったことを知る。22号らの協力で本物のサバージュとコピーを倒し、KAOS一味一掃を果たし、スマートは、世界をヌード爆弾の恐怖から救うのだった。

「0086笑いの番号」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「0086笑いの番号」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ アクション
製作国 アメリカ
製作年 1980
公開年月日 1981年6月13日
製作会社 ジェニングス・ラング・プロ/タイム・ライフ・フィルムズ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「0086笑いの番号」のみんなのレビュー

「0086笑いの番号」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。