ゼブラ軍団

ぜぶらぐんだん
上映日
1977年6月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ベトナム帰りの男達が組織(シンジケート)を相手に戦うアクション。製作はジョー・トーネトールとラリー・プライス、監督・脚本はJ・トーネトール、撮影はロバート・マックスウェル、音楽はチャールズ・アルデンが各々担当。出演はティモシー・ブラウン、グレン・ワイルダー、リチャード・X・スラタリー、マイケル・レイン、アンソニー・カルーソなど。

「ゼブラ軍団」のストーリー

デトロイトの大ボス、サルバトーレ(アンソニー・カルーソ)の息子の経営する賭博場。大爆音と共に、突然8人の黒人がマシンガンを乱射させて乱入した。この事件を知らされたサルバトーレは、息子の復讐を誓い、右腕のカーマイン(マイケル・レイン)を仇討ちに送り込んだ。一方、8人の黒人=ゼブラ軍団のアジトでは、ジョンソン(ジーン・ワイルダー)が部下の戦功を犒っていた。彼は、片腕で足の不自由な顔にヤケドを負った白人だ。そして部下達も白人だったのだ。その頃、カーマインはこの地区をとりしきるボスの元にいた。彼は、このゼブラ軍団のしわざを敵対する組織によるものと思っていた。まさに、ジョンソンの思惑通りだ。だが、ヘロイン取引場、ノミ屋と、ゼブラ軍団は次々に襲っていく。焦るカーマインは、敵対する組織にもぐり込むが、ゼブラ軍団の存在は謎だった。やがてゼブラ軍団のアジトでは最後の打ち合せが行われていた。目標は、この地区のボス邸で行われる麻薬の取り引きだ。攻撃は開始される。だが、ゼブラ軍団の仲間が1人、組織の手におちた。そして、彼よりアジトを聞き出したカーマインは、部下をつれ、ゼブラ軍団襲撃にかかった。マシンガンがうなり、手榴弾が飛びかう。生き残りはジョンソン以下3名だけだ。やがて部下と別れたジョンソンは、安ホテルに戻る。片腕のはずの彼は両手で顔を洗い、白い肌は黒くなった。「畜生、やっぱり黒人の方がいいぜ」。彼はジョンソンでなく、かつての軍隊の部下ジョン(ティモシー・ブラウン)だったのだ。翌日、空港ロビーを歩く彼の姿があった。

「ゼブラ軍団」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゼブラ軍団」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1977年6月11日
製作会社 エンターテイメント・インターナショナルピクチャーズ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ゼブラ軍団」のみんなのレビュー

「ゼブラ軍団」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません