ゼネレーション

ぜねれーしょん
上映日
1971年2月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

今日の若者の生き方と親の考え方の断層をユーモラスに描いた作品。製作総指揮はレオナード・ライトストン、製作は原作戯曲の作者でもあるブロードウェイ出身のフレデリック・ブリッソン、監督は「ペンダラム」のジョージ・シェーファー。脚色はウィリアム・グッドハート、撮影はライオネル・リンドン、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジェームズ・T・ヘッカートがそれぞれ担当。出演は「宇宙からの脱出」のデイヴィッド・ジャンセン、新人キム・ダービー、ほかにカール・ライナー、ピート・デュエル、アンドリュー・プラインなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

「ゼネレーション」のストーリー

ドリス(キム・ダービー)とウォルター(ピート・デュエル)は質素な結婚式をあげ、ニューヨークの貧相なアパートに居をかまえた。ドリスはすでに妊娠9ヵ月、広告会社重役の父親ジム(デイヴィッド・ジャンセン)は突然の結婚の知らせを受け、娘の所へ向かった。新進の写真家のウォルターとドリスは、2人とも自由主義者で、ジムとウォルターは出会いからうまくいかなかった。アパートについたジムは、娘の大きなおなかと、生活環境の悪さにおどろき、さらにウォルターが手製の器具で、出産を助けようとしていることを聞き、空恐ろしくなった。翌日、ジムは学生仲間で、現在産科医を開業しているスタン(カール・ライナー)と、以前ドリスの婚約者であったある会社の法律部門担当者ウイン(アンドリュー・ブライン)に会い、娘夫婦のことに関して相談をもちかけた。2人の意見は、あまりこの件に口出ししてはいけないとのことだった。そこで、ジムはドリスとウォルターに、親というものは子供のために犠牲になるものだ、と話すが、ドリスは、親のそういう精神構造が、かえって重荷になって、やりきれなかった、と反発した。やがてドリスに陣痛が始まり、ウォルターは出産準備におおわらわ。ジムはスタンとウインに相談をもちかけること以外、なすすべを知らなかった。しかし、出産は逆子のためウォルターの手に負えなくなり、彼はスタンに助力を求めてきた。医者のスタンは手際よく子供をとりあげ、家庭での出産に関して当局には納得いくように話す、と伝えた。ジムはウォルターの真剣な様子に好意を感じ、2人は初めて人間的結びつきの深さを味わった。いま、若夫婦とその父親は元気よく産声をあげる男児を中に、喜色満面の顔でむかいあっていた。(ブエナ・ビスタ配給*1時間44分)

「ゼネレーション」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゼネレーション」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1971年2月2日
製作会社 ジョセフ・E・レビン・プロ作品
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「ゼネレーション」のみんなのレビュー

「ゼネレーション」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。

「ゼネレーション」を観ているあなたにおすすめの映画