アラスカ珍道中

あらすかちんどうちゅう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「モロックへの路」と同じくピング・クロスピー、ボブ・ホープ及びドロシー・ラムーアが主演する「道中もの」第4作で1945年作品である。ボップ・ホープの出し物の作者ノーマン・パナマが共同作者メルヴィン・フランクと共に書きおろした脚本から、「モロッコへの道」まで助監督であったハル・ウォーカーが監督し、「我が道を往く」のライオネル・リンドンが撮影している。助演者は「青春の宿」のヒラリー・ブルック、「オペラ・ハット」のダグラス・ダンブリル、「ゾラの生涯」のメバート・バラット、「肉体と幻想」のロバート・ベンチリー等。

「アラスカ珍道中」のストーリー

サンフランシスコの片ほとりに、悪の華と恋の花が乱れ咲くといわれるハーバリー・コーストが栄えていた頃のことである。デューク・ジョンソンとチェスター・フートンという若者ふたり、奇妙にウマの合う親友でもあり喧嘩友達でもあるところから、相棒となってイカサマ賭博を開帳しては、世間にカモは尽きないと見、いつか金も大分たまって来た。ところがスペリーとマッガークという悪漢が、其筋に追われて逃げて来たためにデュークとチェスターのイカサマまでもすっかりバレとしまい、2人は尻に帆かけて逃亡した。デュークは黄金の花が咲くアラスカを志し、チェスターはニューヨークへ行きたがった。デュークはチェスターを巧く丸め込んで、アラスカ行の船に2人で乗り込んだまではよかったが、どうした事か2人とも大切な預金を失ってしまう。仕方がないので船員に雇ってもらって、ともかくもアラスカへ行くこととなる。この船に例の2人組悪漢も乗っており、デューク等は、2人組の船室を掃除中、金鉱の地図を発見してちょうだいに及ぶ。その地図は悪漢2人がラティマーという男を殺して奪ったもので、さらにその地図は踊り子サルの父が発見した金鉱の見取図であり、サルはスペリー等の跡をつけ、取り返そうとしている問題の地図である。デューク等はスペリー等にかぎつけられたが、巧みに逃れてアラスカに上陸する。サルはアラスカでクロンダイクの親分といわれるエイス・ラーソンのキャバレーに行き、事をわれて頼むと、エイスは色仕掛で取るのが早道だと策を授ける。サルの手から奪う企みは胸にたたんで知らぬふりだ。サルはデュークよりもチェスターがだましやすいので、専ら彼を狙いつつ、2人を追って北方の奥地へ。スペリーとマッガークももちろん追跡する。そしてある日、不思議な運命は地図をめぐる男女全部をカチ合わさせ、しかも大自然の悪戯は氷の裂け目で、サルとチェスター、デュークと悪漢2人組に引き離した。それからちょうど40年たった。チェスターとサルは、ニューヨークでも屈指の金満家夫婦といわれている。その大邸宅に訪れて来たのは40年間生死不明だったデュークである。彼がいかに奇跡的に悪漢共の区手をのがれたかを話し終わったところへ、チェスター第2世が現れた。彼は不思議やデュークに行き写しではないか。物も得言わずデュークが第2世の顔を見つめると、チェスターがすまして説明した。これは養子なんだよ。

「アラスカ珍道中」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アラスカ珍道中」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1945
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「アラスカ珍道中」のみんなのレビュー

「アラスカ珍道中」のレビューを書く

「アラスカ珍道中」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません