Z旗あげて

ぜっときあげて
上映日
1957年12月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・ブリンキイのベスト・セラー小説の映画化で、ドロシー・キングスレイとジョージ・ウェルズが脚色、「上流社会」のチャールズ・ウォルターズが監督した海軍ものユーモア篇。撮影監督は「ラスヴェガスで逢いましょう」のロバート・ブロナー、音楽は「傷だらけの栄光」のブロニスロー・ケイパー、主演は、「決断の3時10分」のグレン・フォード、「他国者は殺せ」のジア・スカラ、「雨を降らす男」のアール・ホリマン、「禁断の惑星」のアン・フランシス。

「Z旗あげて」のストーリー

南太平洋上の風光明媚なタルラ島海軍作戦基地。時は第2次大戦中、海軍PR班は「海上勤務」を敬遠んし「海に近づくな」の合言葉のもとに至極のんびり毎日を送っている。班長はスマートな色事師ペンドルトン大尉(ジェフ・リチャーズ)、若くて直情型のタイソン少尉(ラス・タンブリン)、気の弱いシーゲル大尉(グレン・フォード)、それに司令官ナッシュ少佐など。ある日、見学に来た上院議員を案内したシーゲルは途中、島随一の美人メロラ(ジア・スカラ)に会った。彼女は学校の先生で、以来シーゲルの学校通いが始まった。一方ペンドルトンは看護将校アリス(アン・フランシス)とのデイトに下士官アダムを連れて行くが、アダムは一度でアリスを好きになる。それを知ったシーゲルは2人の仲を取り持とうと原住民と謀り、アリスとデイト中のペンドルトンを誘拐、アダムに彼女を宿舎まで送らせるそのシーゲルも益々メロラに夢中。彼女が小学校を建直すため1000ドル必要だというと早速タイソンと計って横暴な従軍記者リップウェルから1000ドル奪おうとする。リップウェルに原住民女を口説かせ、それを録音テープにとって彼に1000ドルで売りつけることに成功した。ところが困ったことができた。ナッシュ司令官の企画で、海軍の典型を選んで表彰、銃後の人々に宣伝しようという仕事が進められていたが、シーゲルの選んだ水兵は気難し屋で無学、面目を施すどころかシーゲルは水兵の再教育を任される羽目となった。そのうえメロラがこの島以外には何処にも住まぬといってシーゲルの愛を拒絶する。そんなところへ夫人記者デボラ女史が島に取材に来た。案内役となったシーゲルは女史の頼みで図らずも海上勤務に出ることになった。が、海上勤務に出たシーゲルは軍旗の代りに女史のパンティを掲げ水兵の士気を大いに挙げた。戦争が終った。シーゲルはメロラと結婚するため島に残ることにした。

「Z旗あげて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「Z旗あげて」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1957年12月21日
製作会社 エイヴォン・プロ作品
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「Z旗あげて」のみんなのレビュー

「Z旗あげて」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。