絶海の嵐

ぜっかいのあらし
上映日
1952年7月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

[サムソンとデリラ]のセシル・B・デミルが製作ならびに監督したテクニカラー海洋活劇1942年作品。サタディ・イヴニング・ポスト連載のセルマ・ストレイベルの原作にもとずいて「愛と血の大地」のアラン・ルメイ、「征服されざる人々」のチャールズ・ベネット、「激情の断崖」のジャネット・ラスキー・ジュニアの3人が脚色した。撮影監督は「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴィクター・ミルナーと「印度の放浪児」のウィリアム・スコール、特殊撮影はゴードン・ジェニングス、W・L・ペレイラ、ファーシオット・エドワード、作曲は「旅愁」のヴィクター・ヤングが夫々担当する。出演は「大時計」のレイ・ミランド、「硫黄島の砂」のジョン・ウェイン、「北西騎馬警官隊」のポーレット・ゴダード、「ネブラスカ魂」のロバート・プレストン、「愛と血の大地」のスーザン・ヘイワード、「ダラス」のレイモンド・マッシー、その他リン・オヴァーマン、ウォルター・ハムブデン、コラムニストのヘッダ・ホッパーらである。

「絶海の嵐」のストーリー

1840年、弁護士のキング・カトラー(レイモンド・マッシー)は弟のダン(ロバート・プレストン)を使って、フロリダのキーウェストを中心に貨物船を難破させ、積荷の引き揚げを請け負って暴利をむさぼるという悪事を働いていた。ある日、ジャック・スチュアート(ジョン・ウェイン)船長の貨物船「ジェビリー」号がカトラー一味のため難破し、ジャックは負傷してクレイボーン家の娘ロキシー(ポーレット・ゴダード)にたすけられ、それが縁で2人は恋に落ちた。ロキシーは父の死後、稼業の難船の積荷引き揚げを受け継いでやっている男まさりの娘だったが、ジャックが船を難破させた責任を悩んでいたので、彼女はジャックの船会社の社長デヴェロウに会いに出かけた。ロキシーは社長がすべてを任せている弁護士スチーヴン・トリヴァ(レイ・ミランド)にとり入ることに成功した。スチーヴンは彼女に一目惚れして求婚したが、ロキシーははねつけた。スチーヴンは、ジャックを首にしようとする社長を説き伏せて、彼を新造船「南十字星」の船長に推し、その辞令を持ったままカトラーの罪状を発きにキー・ウエストに向かった。スチーヴはカトラー一味に襲われ、これを知ったロキシーとジャックは駆けつけて救ったが、スチィーヴの持っていた辞令を見たジャックは、誤解して却ってバトラー一味とグルになり、ハヴァナに向かい、「南十字星」に貴重な積荷を満載して出航した。ジャックは1度乗船を断ったダンの許婚ドルシラ(スーザン・ヘイワード)が船艙に忍び込んだことを知らなかった。船は予定どうり座礁して沈没した。その責任を問う裁判が開かれたとき、ドルシラの乗っていたことが判り、ジャックとスチーヴンは海底に潜って彼女の死骸を発見した。その時大蛸が現われジャクは死んだ。海上に上がったスチーヴンはカトラーに射たれようとして逆に彼を射殺し、ロキシーと結ばれた。

「絶海の嵐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「絶海の嵐」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1952年7月14日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「絶海の嵐」のみんなのレビュー

「絶海の嵐」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。