アラスカ魂(1960)

あらすかだましい North to Alaska
上映日
1961年2月11日

製作国
アメリカ

上映時間
122分

ジャンル
アクション ドラマ

ここが見どころ

ラズロー・フォーダーの舞台劇をジョン・リー・メインとマーティン・ラッキンが共同で脚色したアクション・ドラマ。監督は「賭場荒し」のヘンリー・ハサウェイ。撮影は「悲愁(1959)」のレオン・シャムロイ、音楽をライオネル・ニューマンが担当。出演は「アラモ」のジョン・ウェイン、「不敵な爪」のスチュワート・グレンジャー、「逢うときはいつも他人」のアーニー・コバック、ほかに人気歌手フェビアン、キャプシーヌら。製作ヘンリー・ハサウェイ。

「アラスカ魂(1960)」のストーリー

1900年、ゴールド・ラッシュのアラスカ――シアトルからきたサム(ジョン・ウェイン)と相棒ジョージ(スチュワート・グレンジャー)とその弟ビリー(フェビアン)の3人は金鉱を堀あてた。そこでサムはシアトルに採鉱機を買いに出かけ、帰りにジョージの婚約者ジェニーを連れてくることにし、ジョージは小舎を建てて待つことになった。サムはフランキー(アーニー・コバックス)の詐欺をみつけ、彼を殴った。シアトルに着いたサムはジェニーを訪ねた。彼女は結婚していた。かわりに彼はカフェで仲良くなった美人ミシェール(キャプシーヌ)を代人に仕立てることにした。彼に好意を持った彼女は、企みとはしらずにアラスカ行きを承諾した。船が出発してから真相を知ったミシェールはそのまま目的地までやってきた。そこで昔、関係のあったフランキーに2人でサムの金鉱を横取りしようといったが断られた。サムと彼女が戻るとジョージはアニーの金鉱へ行って留守だった。アニーは悪漢ダガンに人質にされていた。サムはジョージと協力してアニーを救出した。ジョージは婚約者がこないのでがっかりした。代りにいかがわしい女を連れてきたとサムをせめた。ミシェールは真相を話して、ジョージの誤解をとこうとした。ジョージはようやく納得した。茶目っ気を起した彼はミシェールと仲の良いふりをしてサムにみせつけた。嫉妬したサムはジョージを殴り、荷物をまとめて土地を去ろうとした。その時、兵隊がきて他に採掘権を主張する者がいるからと、サムたちの金鉱を差し押えるといった。怒ったサムは暴れて逮捕された。翌日、政府代理の事務官のところに出頭し、サムはダガンやフランキーの悪企みだと気がついた。ジョージやビリーと協力して一味のボッグスを捕らえ、事務官のところに連行しようとした。これを妨害するフランキーとダガン、サムたちは敢然と闘った。凱歌はサム側に上った。ミシェールと結ばれるのは近かった。

「アラスカ魂(1960)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アラスカ魂(1960)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1961年2月11日
上映時間 122分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「アラスカ魂(1960)」のみんなのレビュー

「アラスカ魂(1960)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「アラスカ魂(1960)」を観ているあなたにおすすめの映画