千万長者

せんまんちょうじゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつて「悪魔(1921)」「平民宰相」などにも出演して知られている舞台俳優ジョージ・アーリスが主演する映画で、原作は「七つの鍵」「熱砂果てるところ」のアール・ディア・ビッガース、それを「最後の栄冠」のジュリエン・ジョセフソンとモード・ハウエルが共同脚色し、ブース・ターキントンが台詞を付し、「男装女キャプテン」「親父どうした」のジョン・G・アドルフィが監督した。カメラは「某重大事件」「歓楽地帯」のジェームズ・ヴァン・ツリースが受持ちで助演者は「氷原の彼方」のエヴェリン・ナップ、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ノア・ビアリーその他である。

「千万長者」のストーリー

腕一本で巨万の資産を築いたオールデン自動車会社社長ジェームズ・オールデンも60の声を聞くようになってからは気のみ徒らに焦って体のほうが一行いう事をきかなくなってしまった。医師の忠告により、彼はしぶしぶながら社長の職を辞して西部へ保養にいく。長年活躍していた人間の常として隠居しては見たが医者のいう通りに薬をのんでいると万事が退屈でたまらない。ある時オールデンは広告に出ていたガソリン売り場の権利を買って遊び半分に商売をはじめることにする。メリックという青年が半分の株を買っていたので、オールデンは残りの半分を買い、2人は共同で店を経営することになる。何十年か前まだ額に汗して働いていた時代にかえってオールデンは久しぶりで労働を経験したが、体にとってなかなかいい。彼は妻子には友人の事務所に遊びにいくと称して毎日でかけて行くのであった。ところが一寸離れている所に新しい道が開通して急に商売がなくなる。前の持ち主ピータースンはそれをしっていて急にオールデンやメリックに売りつけたのである。オールデンはチャーリー・ミラーと偽名を使い貧乏な労働者の様な顔をしていたので今さら自分が自動車王オールデンとはいえなくなっているし、いっぱい喰わされた腹ただしさもあるし、パートナーのメリック青年がみどころあることも判ったのでここで一計を案じ、メリック青年の伯母から金を借り、新しい道路に新しいガソリン店を開く事を提議する。ところが依然彼はジェームズ・オールデンを知っていると口をすべらしたためメリックはオールデンから金を借りてミラーを救おうとして危うく招待がバレそうになる。結局メリックの伯母の金で悪辣なピータースンの店を正面にガソリン店を開き堂々と対抗する。泣いたりといえどもオールデン、たちまちにして相手を閉口させる。オールデンの娘バプスは恋に陥る。オールデンはメリックが見込みのある若者なので店をピータースンに売ってかねて志望の建築家になれとすすめる。その夜、彼とは知らぬメリックが、パプスとの結婚の許可を求めにくる。オールデンが喜んで許したことは言うまでもない。おりしも医者が来てオールデンが全快したことを告げる。都の自動会社から代表者が来て彼の復職を懇請する。彼ははなはだ得意である。

「千万長者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「千万長者」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 W・B・F・N社
レイティング

「千万長者」のみんなのレビュー

「千万長者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。