尖端脚化粧

せんたんあしげしょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

「ストリート・ガール」で端役を勤めて認められたエキストラのジューン・クライド嬢が抜擢されて一躍主役を演ずる映画で、「ハロルド・ティーン」「曲者待った」のアーサー・レイク氏と「躍る曲線美」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢が相手役を勤め、「四人の息子(1928)」「巴里酔語」のアルバート・グラン氏「マネキンの夢」「彼女は戦に行く」のエドモンド・バーンズ氏、「巨人」「サブマリン」のドロシー・レヴィア嬢、「ナイト・パレード」のアン・ペニントン嬢等が助演するミュージカル・プレイである。ジョージ・ハル氏の原作により「タキシー十三号」「恋のサーカス」のマーシャル・ニーラン氏が監督し、「ストリート・ガール」「錯覚恋愛」のレオ・トーヴァー氏が撮影したもの。

「尖端脚化粧」のストーリー

ペギー・レイノルヅはビルというとてもモダンな恋人を持っていたが、彼と楽しく恋を囁くには彼女は心配が多過ぎた。それは父親がライオンス・キング夫人と名乗る怪しげな未亡人に操られて家を外にして現つを抜かしていること、妹のジャネットがダーロウという女たらしの悪者に惚れていることで、ペギーは何とかして妹や父親の迷夢を醒ましてやろうとヤキモキしていたのである。ペギーとビルとは尖端的なモダン・ボーイとモダン・ガールとの倶楽部の会頭格でその方でも隨分忙しい思いをしなければならなかった。ペギーはダーロウが強喝取材の常習者で妹のジャネットが書いたラヴ・レターを持っていることを知ったので、それを取戻そうと深夜寝間着のままでダーロウの寝室に忍込んで手紙を探した。ところが手紙は遂に発見されなかった上に、ペギーが非常梯子を降りて帰るところを宿泊客に見つけられてしまった。ペギーはダーロウの部屋を深夜訪れた理由を明らかにすることが出来ないために社交場では相手にされなくなった。恋人のビルも彼女に疑いの眼を向けたし、ダーロウに惚れているジャネットは姉が自分の恋人を横取りするつもりではないかと邪推してペギーを非難するのだった。ダーロウがジャネットの手紙を始終身につけていることが判ったのでペギーは今度は彼女に同情しているロージャーの助けを借りて、ホテルの屋根で素人のレヴューが催された夜ダーロウから手紙を奪い取る計画を立てた。ところがジャネットはダーロウが碌々彼女を相手にしないので嫉妬に逆上して、その夜は拳銃を持ってレヴュー会場に現れた。一時消燈されロージャーがダーロウのポケットから手紙を掴み取った刹那ジャネットは発砲した。弾丸はペギーに命中した。傷は浅かった。ペギーは両親と妹の前で問題の手紙を取出してジャネットを叱ると共に、父が惚れている未亡人こそダーロウの相棒であることを告げて父の覚醒を促した。そこへビルがやって来たので重荷もこれでおりたからこれから2人で恋を語ろうとペギーは笑いながら言うのだった。

「尖端脚化粧」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「尖端脚化粧」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 R・K・O映画
配給 東西映画社輸入
レイティング

「尖端脚化粧」のみんなのレビュー

「尖端脚化粧」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。