戦線膝栗毛

せんせんひざくりげ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「赤毛布恋の渦巻」「名物三羽烏」のトム・ウィルソン氏と「妖怪屋敷」「焼き餅騒動絹の靴下」のヘイニー・コンクリン氏の主演する映画で原作は「紐育狂想曲」「怪獣征服」のダリル・フランシス・ザナック氏、それをロバート・ディロン氏とジェームズ・A・スター氏が脚色し「紐育狂想曲」「恋の勝馬」ロイ・デル・ルース氏が監督し、「踊るカレッジ」「假面の男」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影に当たった。助演者として「スコール」「ノアの箱船」のマーナ・ローイ嬢、ウィリアム・アーヴィング氏、ノア・ヤング氏等が出演している。

「戦線膝栗毛」のストーリー

ハムとエッグスの2人はお互いが米国の黒人連隊に入った時から仲良しとなった。間もなく彼等の連隊は欧洲戦場へ出征を命ぜられた。フランスに於ける彼等の駐屯地の旅宿の主人フォン・フリムルというのは実は獨探であった。フォン・フリムルは駐屯軍の兵数が知りたいので召使女のフィフィに云いつけて兵士からそれを聞き出そうとする。フィフィの浅黒い皮膚の色香にひっかかったのがエッグスである。彼は彼女との約束を守って一夜フィフィの部屋を訪ねると既に彼女はハムの膝に抱かれていた。2人が女を手に入れるために戦いを開かんとした刹那、間諜探索の一士官が来てフィフィを怪しむ。そして2人に女の見張を命じる。やがてやって来た将校はフィフィからフォン・フリムルの居所を聞きただすべく2人に命令する。そして白状しなければ射ち殺せと言う。上官の命もだし難く2人は渋々フィフィの部屋へ入るが彼女は全力を尽して2人に色仕掛を用いる。その揚句彼女は抜け道から逃げ出してしまう。その後に2人は敵国間諜が活動したと覚しき暗号電信を発見する。この功によって2人は軍事探偵に任命される。翌晩ある墓地内の邸に無線装置があるのを見つけた2人の新しい軍事探偵はこの秘密をさぐりに出掛けた。だがフォン・フリムルが骸骨を使って彼等を駭かしたので2人は放々の態で本部に逃げ帰った。この失敗のために2人は再び元の連隊へ戻される。いよいよ最前線の塹壕に派遣された彼等は鐵火の洗礼を受けることになったが、ハムは敵弾に見舞われて傷を負う。戦線後部で治療を受けたハムは程なく快方に向かってエッグスに援けられ乍ら散歩が出来るようになる。2人は柔かそうな布を見つけてそこに腰を下ろす。が何ぞ計らんそれは瓦斯を抜いた軽気球であった。そしてうっかりしていた2人は気嚢に瓦斯が入った時に漸くそれに気付いた。しかし時すでに遅く軽気球は頂上に2人を乗せて上昇する。その上困ったことには軽気球は繋留の綱を切って敵地へ飛びはじめる。辛うじて吊り籠に降りた2人は落下傘で飛び降りる。ところがハムが飛び降りた樹というのが丁度フォン・フリムルの無線信号所だったのでフォン・フリムルははづみを喰って地上に墜落し折柄軽気球の跡を追って来た米国兵士達に捕えられる。間諜逮捕の名誉と共に2人は勲章を貰う。休戦となり故郷へ帰って見るとハムの恋人は人妻となっていた。だが彼は仲好しのエッグスがいるので気丈夫だった。

「戦線膝栗毛」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦線膝栗毛」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ドノゲー商会 ヤマニ洋行輸入
レイティング

「戦線膝栗毛」のみんなのレビュー

「戦線膝栗毛」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません