戦時特務機関

せんじとくむきかん
製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「シマロン(1931)」「ドノヴァン・キッド」と同じくリチャード・ディックス主演映画でウィリアム・ジレット作の舞台劇をバーナード・シューバートが脚色し、脚色者だったJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たったもの。助演者は新進のシャーリー・グレイ、「ロマンス」「燃ゆる海原」のギャヴィン・ゴードン、ウィリアム・ポスト・ジュニア、ハロルド・キニー、クラレンス・ミューズ等で撮影はディクス映画専属のエド・クロンジェガーの担当である。

「戦時特務機関」のストーリー

1860年代、米国南北戦争の頃。北軍の総司令官グラント将軍は南部連邦同盟の首都リッチモンド市を一挙に攻略する目的のもとに、スパイを派遣して南軍の前線部隊に発せしめ、思うところに南軍を移行させ、その間隙に乗じて総攻撃を行うという計画を立てた。数名のスパイはこの重大使命を帯びてリッチモンドに入り込むが、一人の生還者がないのみならず、所期の目的も一向に達しられない。気をいらったグラント将軍はデュモント兄弟にこの難事業の遂行を命ずる。兄のリュイス・デュモント大尉は、最近戦没した南軍将校ソーン大尉に変装してリッチモンドへ赴き、弟のデュモント中尉は故意に南軍の捕虜となりリビイ監獄につながれる。大尉は途中流弾を受けて負傷するが、偶々重傷を負って逃れて居た南軍のハワード中尉を救い、リッチモンドのハワード邸へ送り届ける。そこで大尉も中尉の妹エディスから手篤い看護を受ける。エディスの知り合いのエアルスフォードはデュモント兄弟がスパイとしてリッチモンドに入込んだことを知りリビイ監獄のデュモント中尉を監視させる。兄弟の連絡係をやっている黒人の南京豆売ジョナスは監視に発見され、紙片の受取人が誰であるか白状を強いられたが沈黙を守りつづけて遂に死刑に処せられる。エアルスフォードはデュモント中尉を連行して来て、ソーン大尉になっている兄の大尉と会わせようとするが、中尉は自殺してしまう。大尉は単身電信局へ赴き電を発しようとするとエアルスフォードが現れ、警衛の兵士を呼んで大尉を逮捕しようとした。がアベコベに大尉はエアルスフォードを捕縛させるが、ランドルフ将軍が入り来って事件の顛末を聞いて大尉を軍法会議に付することとする。ところが電信局が電を打とうしたのを大尉が阻止した事実によってスパイの嫌疑は薄らぎ、単に捕虜として一時監獄に収容される。大尉はエディスと再会を約し兵卒に守られて去る。

「戦時特務機関」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦時特務機関」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKO映画社
レイティング

「戦時特務機関」のみんなのレビュー

「戦時特務機関」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません