戦場よ永遠に

せんじょうよえいえいんに
上映日
1960年10月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

日本人家庭に育てられた白人兵士を主人公に“サイパン玉砕”を題材にしたヒューマニズム戦争映画。ジル・ダウドとテッド・シャードマンの脚本を、「無警察地帯」のフィル・カールソンが監督した撮影は「戦略爆破舞台」のバーネット・ガフィイ、音楽は「影なき恐怖」のライス・スティーブンス。出演は主人公に「バファロー大隊」のジェフリー・ハンターがふんするほか(幼年時代は「宇宙への冒険」のリチャード・アイアー)、TVスター、デイビッド・ジャンセン、「艦隊は踊る」のヴィク・ダモン、「ゴーストタウンの決斗」のパトリシア・オウエンス、「戦場にかける橋」の早川雪洲、青木鶴子、高美以子ら。沖縄でロケが行われた。製作アーヴィング・H・レヴィン。

みんなのレビュー

「戦場よ永遠に」のストーリー

真珠湾攻撃による日米開戦でロスアンゼルスの日本人街の人々は敵性国人隔離収容所に入れられた。ウメ一家も同様だ。養子のガイ(ジェフリー・ハンター)を除いては。ガイは父が鉄道員で、母は病気、孤児同前だった。ウメ(青木鶴子)に引取られ、息子たちと同様に育てらたのだ。日本語にも日本の風習にもなじんだ。ガイは隣家の娘エスター(高美以子)とも引き離された。戦争は激化し、若者たちは続々、召集されていった。ガイも海兵隊に入った。日本語ができるというので、シュウェイブ大尉の情報部に配属された。ビルやピーテ、レオナード曹長らと戦友になった。ペンドルトン基地の訓練をおえ、ハワイを経てサイパン上陸作戦に参加することになった。ハワイの最後の夜、ガイはピーテらと、美しい記者シェイラ(パトリシア・オウエンス)や2人の日系女性と過した。サイパン上陸作戦は激烈だった。日本軍を憎む者がふえたが、ガイは育ての親のウメ一家に対する気持ちを捨てきれず、日本軍に銃を向ける気にもなれなかった。が、米軍は次第に日本軍を追いつめた。ガイの目の前で、母親が子供を連れて崖から飛び降りて死んだ。日本兵は夜襲をかけてき、死んでいった。玉砕戦法である。ガイはそれらの死がムダに見えてならなかった。ある夜、ガイはキャンプを抜け出、敵陣に忍びこんだ。達者な日本語で降伏を呼びかけた。その説得で松井将軍(早川雪洲)ら800人近い日本兵が降伏した。が、連行の途中、彼らの幾人かがガイに襲いかかった。ガイはやむなく相手を射殺した。――将軍の勇気ある降伏が他に犠牲者を出さしめず、戦闘は終った。ガイはシルバー・スター賞をもらった。海兵隊はテニヤンに向った。

「戦場よ永遠に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「戦場よ永遠に」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年10月20日
製作会社 アトランチック・ピクチュアス・プロ映画
配給 日本アライド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「戦場よ永遠に」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません